ツツジツツジ

ツツジです。
今回の記事で学べる内容はこちらとなります。

この記事で学べること!
  • トレードにおける「ロング」・「ショート」・「ポジション」の意味がわかります

では、どうぞ~。

今日もありがとうございます。

徐々に利益が出てきました。

 

 

 

 

 

ん~。

30分で8700円くらい。

真面目にやればもっと行けそうですね。

ま、それは良いとして・・・。

 

仮想通貨の取引やFX(外国為替証拠金取引)では、

様々な用語や単語が使われています。

・レバレッジ

・ボラティリティ

・ロールオーバー

・アセット

・難平

・両建て

・レンジ相場

・ファンダメンタルズ

・逆指値

などなど・・・・。

このような「よく分からない単語」を見ると、

「なんじゃこりゃー!もうわからーん(参考書ポイッ」

となっちゃいますよね。

そう。

これらの用語の

“理解のしづらさ”がこの投資(トレード)という

市場の参入ハードルを引き上げている原因の1つなのです。

 

ですが、残念ながら、

最低限の単語や用語の意味については、

やはり理解している必要があります・・・。

というのも、

仮想通貨やFX、株は当然ですが「あなたの資産」の“運用”なのです。

逆に考えてみてください。

投資をあまり理解していないような人に、

「あなたの資産」の運用を任せられますか?

・・・・・・・。

言わずもがな、「NO」ですよね。

これは別に他者ではなく、あなた自身にも該当することなのです。

だからこそ、繰り返しとなりますが、

少なくとも最低限の単語や用語の意味については、把握しておくべきなのです。

「あなたの資産」を守り、堅実に運用をさせていくなら、ですね。

ということで。

今回は、この仮想通貨やFX、株といった「トレード」で使われる

重要かつ代表的な単語である

「ロング」、「ショート」、「ポジション」についてお話したいと思います。

では、いってみましょうか。

 

「ロング」・「ショート」・「ポジション」とは

この3つは全然難しくないので、

理解すればスッと違和感なく頭の中に入っていく内容です。

諦めずに読んでみてくださいねw

 

「ロング」とは

トレードでの「ロング」とは、『買い』を示します。

※英語で「Long」と書くこともあれば、「Buy」と書かれることもあります。

右肩上がりのチャートを思い浮かべてください。

値段が上る前の安い時に買って(ロング)、値段が高くなった時に売る。

この時に発生する「差額」がそのまま利益になるわけですね。

非常に簡単な解釈ですが、理屈としてはこれだけ把握しておけば十分です。

 

「ショート」とは

トレードでの「ショート」とは、『売り』を示します。

※英語で「Short」と書くこともあれば、「Sell」と書かれることもあります。

今度は右肩下がりのチャートを思い浮かべてみましょう。

値段が下がる前に売り(ショート)、値段が下がってから買い直す、または買い足す。

この時に発生する「差分」がこれまた利益になるわけです。

ショートはちょっとわかりにくいので、具体的に数字で示してみましょう。

 

例)10:00の時点で11000だったものが、750になる場合

時間; 価格 :行動

10:00  1000 ⇒1つ1000で売ります

10:05  750 ⇒売った商品が750まで下がりました

10:10    750 ⇒1つ750で買いました

つまり、結果的に個数は変えずに、差額である「250」を手にしているわけですね。

 

更に買い足すと、差額も大きくなり利益も上がります。

↓こんな感じです。

時間; 価格 :行動

10:00  1000 ⇒1つ1000で売ります

10:05  750 ⇒売った商品が750に下がりました

10:10  1500 ⇒1つ750で2つ買いました

価格が1000の時は2つ買うのに2000必要ですが、

価格が下がったことで15002つ買えます。

つまり、2つ買う想定であった場合、

この差である「500」が利益として上がっているということですね。

なんだか子供の算数みたいな感じですが(笑

 

「ポジション」とは

「ロング(買い)」または「ショート(売り)」で市場に参加し、

決済をせずに「ロング(買い)」または「ショート(売り)」の状態を

維持(保有)することです。

「ロング」であれば「ロングポジション」と呼び、

「ショート」であれば「ショートポジション」と呼びます。

例えば、ビットコインで言えば、

価格が1000の時にでビットコインを買って、

そのビットコインを“持ち続けてる状態”のことを

「1000のビットコインのロングポジションを持っている」と言います。

逆に、

価格が1000の時にでビットコインを売り、

安く買えるタイミングを待っている状態”のことを

「1000のビットコインのショートポジションを持っている」と言います。

また、売り買いを一つもしていない時は、

「ノーポジション」と言ったりします。

 

なお、

「ロングポジション」でも「ショートポジション」でも、

その状態では損益が確定していません。

決済して初めて損益が発生します。

利益は確定していませんが、

利益が見込める状態を「含み益」と呼び、

一方で、損失が確定していないが、

損失が見込まれる状態を「含み損」と呼びます。

このポジションを解消するためには、

必ず決済を完了させる必要があります。

これが出来ずに多くの方が、

このポジションをずーっと保持したままで、

損を膨らませているのがよくある破滅的な話ですね。

ロングとショートが覚えにくいという方は・・・

その呼び名の由来を理解すると良いでしょう(通説ですが)

ロングとショートの呼び名は、

「そのポジションを持ち続ける時間の長さ」を表現していると言われています。

一般的に、価格上昇はゆっくり(Long)ゆるやかに上昇して行くことがほとんどです。

逆に、価格が下落するのは、

凄まじく短い時間(Short)で下落すると言われているからです。

これを知っておけば、多少は覚えやすいかと思います。

 

まとめ

今回の記事をまとめてみましょう。

今回の記事まとめ!
  1. 「ロング」とは『買い』を示します
  2. 「ショート」とは『売り』を示します
  3. 「ポジション」とは「ロング(買い)」または「ショート(売り)」で市場に参加し、決済をせずに「ロング(買い)」または「ショート(売り)」の状態を維持(保有)することです
  4. 「ロングポジション」でも「ショートポジション」でも、その状態では損益が確定していません。決済して初めて損益が発生します
  5. このポジションを解消するためには、必ず決済を完了させる必要があります
自分が今どのポジションを持っているのかは必ず把握しておきましょう!

「ロング」「ショート」「ポジション」とついて、理解頂けましたでしょうか?

ロングは「買い」であり、ショートは「売り」という事を把握していただければ、まずは大丈夫です。

最初はわかりにくい単語や意味不明な言葉が数多く出てきますが、一つずつ理解していけば自然とトレードが出来るようになります。

着実な利益を積み重ねるために勉強していきましょうね。

ツツジツツジ

今回も最後までお読み頂き、ありがとうございました。
不明点や気になったことは何でもお問い合わせくださいね。
では、また次回、お会いいたしましょう。

ツツジ

▶ 全記事一覧

 管理人プロフィール

 

【登録無料】ツツジ公式『メール講座』のご案内

ネットビジネスの経験が全くの「でも、

1年以内に経済的自由を手に入れることのできる

“成功者のノウハウ”とその”全貌”を期間限定で公開中。

また、このメルマガを登録してくださった方限定で、

特別なご案内や知っておくと便利な情報を詰め込んだ特典のプレゼント、

そして特別企画への参加募集なども検討しています。

登録は無料ですが、情報の質の高さは有料レベルだと自負しておりますので、

ぜひ、ご登録してみてくださいね。

↓↓ 詳しくは画像をクリック♪ ↓↓