ツツジツツジ

ツツジです。
今回の記事で学べる内容はこちらとなります。

この記事で学べること!
  • Bitly(ビットリー)とは何かを学べます
  • Bitly(ビットリー)のユーザー登録から短縮URLの作成、カスタマイズの方法が分かります

では、どうぞ~。

今日もありがとうございます。

今回は、前回のアクセス解析に関する記事でご紹介した

「Bitly(ビットリー)」について、

具体的な登録方法や使い方をご紹介します。

登録は基本無料であり、

数多くの企業も利用している実績を持つサービスですので、

ネットビジネスを加速させたい方はぜひ見てみてくださいね。

アフィリエイトで稼げない問題はアクセス解析であぶり出せ!

 

そもそもBitly(ビットリー)とは?

Bitlyの基本的なサービスは「URLを短くする」というものです。

一般的にURLというものは非常に長く、

見た目も見やすいとは言えないモノだと思います。

良い例としてはアマゾンですね。

何か商品を検索した時に表示されるURLを見た事がありますでしょうか?

↓こんな感じですよね(これでもかなり綺麗な部類です)

ttps://www.amazon.co.jp/XXXXX/dp/47970/ref=mp_s_a_1_2?_encoding=UTF8&imageClass=hi-res&keywords=phoneCarrier=wifi&phoneType=iPhone&qid=155s=gateway&sr=Touch9

こういっためっちゃ長いURLを、

Bitlyは独自のサービスで非常に短いURLに変換してくれる

ということです。

具体的には↓のような形に短くしてくれます。

ttps://bit.ly/XXXXX

これによって何か良い事があるのかというと、

感の鋭い方はお気付きかと思いますが、

ツイッターやフェイスブックといった

「文字数制限があるSNS」に非常に高い効果を発揮します。

そりゃそうですよね。

短縮されたURLを使わないと、

そもそも文字が多すぎて

ツイッターやフェイスブックからの投稿に入りませんし。

この短縮URLサービスが提供されることによって、

SNSをそのまま“集客の場”として利用可能になったことは、

ビジネスの観点から言って、とてつもなく大きな事です。

事実、Bitlyはアメリカのニューヨークの企業ですが、

ツイッターの流行と併せて、凄まじい勢いで世界中に広がり、

現在においても月間6億個以上の短縮URLが

Bitlyで作られています。

月間ですよ?

累計じゃなくて。

ちょっと意味がわからないレベルですよね(

ここまで使われる理由はモチロン、

URLの短縮サービスが大きいところですが、

同じくらい大きい理由として「アクセス解析も一緒に行える」という点です。

残念ながら、

Googleが提供する程のハイレベルなアクセス解析は実装していませんが、

設置した短縮URL

「読者様の興味志向に合致しているかどうかの検証をする

 というレベルであれば、十分な効果が期待できるモノ」です。

だからこそ、私としては、Google側のアクセス解析である

Googleアナリティクス」と併用して使っていくことで、

リンククリックはBitly、ブログ自体のアクセス解析は「Googleアナリティクス」、

という風な使い分けを推奨している訳です。

前置きが長くなってきたので、

そろそろ実際の登録方法や使い方について進めていきましょう。

 

Bitlyにユーザー登録をしよう

では実際に登録をしてみましょう。

Bitlyの公式サイトにアクセスします。

 

②ページが表示されたら、 下にある「Sing Up Now」ボタンをクリックします。

 

③登録情報を入力していきます。

・ユーザー名

・メールアドレス

・パスワード

上記の3点を入力して、「CREATE ACCOUNT」を押してください。

もし、あなたがGmailやフェイスブック、

ツイッターのアカウントをお持ちであれば、

そのアカウントを使ってアカウントを作成することも可能です。

ツツジツツジ

私もユーザー登録して1年以上経ちますが、
必要最低限のご案内メールしか来ないので(英語ですがw)
登録しても迷惑メールがドバドバ来るようになることはありません。
その点はご安心下さい。

 

④「お店の外観の画像をすべて選択してください」など、

「あなたがロボットではないことを証明する確認」が表示されますので、

合致する画像を選んでから、「確認」を押してください。

 

⑤登録が完了しますと、そのままログインできます。

 

⑥その際、あなたが登録したメールアドレス宛に、登録確認メールが届きます。

こんなメールですね。

 

⑦全ての機能を使えるようにするために

そのメール内の「VERIFY YOUR EMAIL」というオレンジのボタンを押してください。

すると、画面が切り替わって、

以下のように「あなたのEメールが認証されました」という意味の英語が出ます。

以上で登録が完了です。

 

短縮URLの作成方法

①ログイン後に表示される最初のページ右上の「CREATE」という

オレンジのボタンがありますので、そちらをクリックします。

 

②右側の「PASTE LONG URL」欄に、

「短縮URLにしたい元のURL」を貼り付け、

下部にある「CREATE」ボタンをクリックします。

 

③すると、直ぐに短縮URLが作成されます。

短縮URLの右にある「COPY」ボタンをクリックすれば短縮URLがコピー出来ます。

また、隣りにある「SHARE」ボタンをクリックすれば

 SNS(ツイッターやフェイスブック)でシェアできます。

 

④作成した段階でセーブされますので、右上の「ボタン」で閉じましょう。

これで、短縮URLが作成されます。

 

アクセス解析の方法

解析方法に関しても非常に簡単に表示させることが出来ます。

①右上にある日付けをクリックします。

 

②アクセス解析を行う範囲を指定して、「APPLY」を押します。

※無料版では当日から30日以上前の確認が出来ない点に注意してください。

 

③該当期間の各短縮URLのアクセス数が表示されます。

具体的に何時何分に、アクセスが何件有ったのかまで確認が可能です。

 

④右下のグラフを下にスクロールすると、以下の2つの円グラフが表示されています。

Referrers:リンク元を指します。EmailSMSGoogleからのダイレクトアクセス、他のブログからのリンクなどが表示されます。

Locations:クリックされた国を指します

 

このアクセス解析の情報を元に分析する方法として有効なのが、

「段階的アクセス有無確認」です。

「段階的アクセス有無確認」とはどういったものか、

具体的に説明しましょう。

ブログの記事の中にBitlyで作成した短縮URLリンク(A)を貼ります。

そして、その短縮URLリンク先の記事でも、

Bitlyで作成した別の短縮URLリンク(B)を貼るのです。

例えば、

短縮URLリンク(A)に100人のアクセスがあったとします。

さらに短縮URLリンク(B)にも100人のアクセスがあったとしたら、

元の記事、A、Bの3つの記事がそれぞれ読者様の目線を

非常によく考えている素晴らしい記事といえます。

こういった場合は、記事の修正はありません。

ですが、

短縮URLリンク(A)に100人のアクセスがあったとして、

さらに短縮URLリンク(B)にも15人のアクセスがあったとしたら、

どうでしょうか?

この場合、

Aの記事が非常にツマラなくて読者様が離脱したか、

Bのリンクに魅力を感じなかったのかのどちらかとなります

このように、

「前段階のアクセスとその後のアクセス数を比較して、

 読者様の気持ちや行動を把握することが出来る」のです。

これが「段階的アクセス有無確認」の手法です。

非常に簡単な方法なので、

まずはこの手法でどの記事(段階)が特に読者様の離脱率が高いかを把握しましょう。

その原因となる記事を見直すだけで、

大幅にアクセスが改善することも普通にありますので。

このような分析方法なども私のメルマガを通して学べますので、

気になる方はお気軽にご登録頂ければと思います。

 

短縮URLをカスタマイズしたい時は

①カスタマイズしたい短縮URLを選択した状態で、

EDIT」ボタンを押します。

 

②カスタマイズする場所としては、

・短縮URL自体の「名前」を修正する

⇒この方法としては「TITLE」の欄を1回クリックしてキーボード入力を可能にし、修正を行います。

・短縮URL自体を修正する

⇒この方法としては「CUSTOMIZE BACK-HALF」を1回クリックしてキーボード入力を可能にし、修正を行います。

なお、修正できる箇所は「bit.ly/以降にあるランダムな英数字で構成される部分」です。

変更が完了したら、右下の「SAVE」ボタンをクリックします。

 

③カスタマイズの修正が完了すると、変更したタイトル とURLが短縮URL一覧に反映されます。

以上で短縮URLリンクのカスタマイズが完了となります。

 

まとめ

今回の記事をまとめてみましょう。

今回の記事まとめ!
  1. Bitlyでは非常に長いURLを短くする「短縮URL」というサービスと「アクセス解析」サービスを兼ね備えています
  2. 「短縮URL」はツイッターやフェイスブックといった「文字数制限があるSNS」に非常に高い効果を発揮します
  3. 現在においても月間6億個以上の短縮URLがBitlyで作られています
  4. Bitlyのアクセス解析としては「段階的アクセス有無確認」が有効であり、読者様の気持ちや行動を把握することが可能です
アクセス解析でビジネスを加速させよう!

Bitlyは非常に導入しやすいアクセス解析です。

しかも、無駄なものが一切ないため非常に分かりやすいのです。

Googleアナリティクスは非常に詳細なデータが出ますが、

あまりにも情報量が多いため、慣れていないと完全に持て余してしまいます。

モチロン、データとして溜め続けることは良いと思いますが。

あなたがもし、今までアクセス解析を行ったことがないのであれば、

まずは、Bitlyから始めてみて、

アクセス解析のイロハを知ってもらえれば良いかと思います。

ツツジツツジ

今回も最後までお読み頂き、ありがとうございました。
不明点や気になったことは何でもお問い合わせくださいね。
では、また次回、お会いいたしましょう。

ツツジ

▶ 全記事一覧

 管理人プロフィール

【登録無料】ツツジ公式『メール講座』のご案内

ネットビジネスの経験が全くの「でも、

1年以内に経済的自由を手に入れることのできる

“成功者のノウハウ”とその”全貌”を期間限定で公開中。

また、このメルマガを登録してくださった方限定で、

特別なご案内や知っておくと便利な情報を詰め込んだ特典のプレゼント、

そして特別企画への参加募集なども検討しています。

登録は無料ですが、情報の質の高さは有料レベルだと自負しておりますので、

ぜひ、ご登録してみてくださいね。

↓↓ 詳しくは画像をクリック♪ ↓↓