ツツジツツジ

こんにちは、ツツジです。

今回のお話は私も大好きな漫画の一つ。

「スラムダンク」から深イイ言葉をチョイスしてみました。

それがこれ。

下手糞の 上級者への 道のりは

己が下手さを 知りて一歩目

「あきらめたら、そこで試合終了ですよ・・・?」

で有名な安西先生からのお言葉です。

この言葉が出てきた経緯はこちら。


激戦の県予選を突破し、

インターハイを約10日後に控えた湘北高校バスケ部。

そんな中、県予選で自らの実力不足を痛感し、

自らを鍛えるために花道は特訓を始める。

その様子を仲間達から隠し撮りされ、

自身のシュートフォームをビデオで見せられる花道。

「ウソだ・・・コレがオレ?」

その「あまりの酷さ」と「自身のイメージとのキャップ」に愕然とする花道。

「違う・・!こんなのはオレじゃねぇ・・!」

「このカッコ悪いのは誰だ・・・」

仲間たちから笑われながらも、ショックを隠しきれない花道。

その時に発せられた安西先生の名言がこちら。

下手糞の 上級者への 道のりは

己が下手さを 知りて一歩目

だった訳です。

そして、ここから、

花道の逆転劇が始まります。

「オヤジ・・・・何をやったらいいんだ?」

「シュート2万本です」

約10日間で2万本。

つまり、

1日平均2000本のシュート。

普通に考えたら、誰もが無理だと諦める量。

だが、花道はそれをやり遂げた。

しかも、

ただ単純にシュート打ち続けるのではなく、

シュートを打つ度に自身のフォームを仲間にチェックしてもらいながら。

弱音すら吐かず、黙々と。

そして辿り着く。

ひとつの答え。

それが、

『左手はそえるだけ』

その“シンプル”かつ

徹底的に突き詰めた“基本”と、

積み上げてきた2万本という圧倒的な練習量が、

花道を大きく成長させたのだ。

スラムダンク(c)集英社/井上雄彦


・・・。

っと、思わず最後まで突っ走ってしまいましたが(笑

やっぱりスラムダンクはイイですね。

読み直すと、

私が「学生だった頃に感じたワクワクする感情」に加えて、大人になった今だからこそ分かる「努力と成長、青春の素晴らしさ、物語としての完成度」をしみじみと感じます。

さて、話を戻して・・・。

今回話したい内容としては安西先生のコチラ。

『下手糞の 上級者への 道のりは 己が下手さを 知りて一歩目』

これですね。

この名言を簡単に説明するとこちら。

物事に対して、ある一定のレベルに達した方が伸び悩みを感じ始めた時に、改めて自分を客観的に捉える事でその未熟さを知り、基本に立ち返ることで、さらなる成長を起こすことが出来る。

という、非常に深イイな言葉なんです。

となると人によっては、

どうだっけかな

俺は初心者だし、関係ないかな

と思うかもしれません。

ですがこの考え。

ビジネスの初心者はモチロン、トレード初心者にも当てはまる部分がありますし、多くを学べるんです。

そちらを見ていきましょ。

誰でも出来る“基本”を徹底的にやる

まずこれが一つ。

下手糞の 上級者への 道のりは 己が下手さを 知りて一歩目。

誰でも出来る“基本”を徹底的にやる。

意外なことなんですけど、誰でも出来ることって、誰でも出来るが故に大切にされにくいし、ずっと続けて極める方があまりいないんです。

ブログをはじめとした情報発信ビジネスもそう。

ホントに誰でも出来る。

でも、本気で続けてる人は本当にごく一部。

ブログを作った80%の人は1年以内にいなくなりますからね。

3年後には95%以上はいなくなります。

それくらい、人の継続力って弱いんですよ。
※ついでにこのブログは2020年で1年ちょっと、他のブログも合わせると私個人では3年くらいは情報発信してます。

そして残った方々がずっと生き残り、凄まじい利益を叩き出してる。

これ、トレードでも同じなんですね。

基本のルールだけは絶対に守らなくてはなりません。

チャートがどんなに有利な条件で、ほぼ確実にエントリーすれば稼げるということが分かっていても、ルールという基本だけは曲げちゃダメなんです。

絶対に。

一度でも例外を作ると、そのルールには綻び(ほころび)が発生してしまうのです。

つまり、

なるほどね

あの時、1回だけルールを破ったけど、かなり儲かったから、今回もいけるだろ!

と、たった1回の成功体験を「正しい」と誤認識してしまい、その結果、

もうだめ

・・・ふ、含み損40万・・

みたいなことになるんです。

基本は絶対。

基本は反復。

何度も練習して、それが当たり前になるくらいじゃないとダメ。

これが鉄則なんです。

「今」の自分は“これ”はできないんだ、ということを自覚すること

もう一つがこれ。

下手糞の 上級者への 道のりは 己が下手さを 知りて一歩目

「今」の自分に何が出来るのか、そして何が出来ないのか。それを一つずつ明確にする事。

そうすることで、

自分は、これが出来ないんだ。

自分は、これが知らないんだ。

という、現実を知ることが出来ます。

ツツジツツジ

これはソクラテスの「無知の知」に似ていますね。

これって結構辛いことなんですが、自分が出来ないことをキチンと把握しておくって意味ではホントに重要なことなんですよ。

自分の弱点を認め、それを克服することに「挑戦」することも出来ますし、場合によっては、その弱点部分は「切り捨てる」という考え方も可能になります。

例えば、私であれば、私自身めっちゃ平凡な人間なので、出来ないことがいっぱいなんですね。

基本面倒くさがりだし。

だからこそ、そういった「得意じゃないこと」「出来ないこと」は、誰かの手を借りたり、モノによっては外注しちゃったりするわけです。

↓この漫画とかもそうですね。

【圧倒的感謝】ツツジの「漫画」を描いてもらいました!

何も、全部が全部自分でやる必要はないんです。

モチロン、ビジネスの最初の頃は自分でやってみて、経験を積むのは大事です。

ですが、ある程度理解が進んだら、得意ではない部分や時間がどうしても掛かってしまう部分は、効率を考えて判断すべきなんです。

そういう意味でも、ツールや外注は非常に有用な方法なんですね(モチロン、正しく使わなければなりませんが)

もしあなたが、ビジネスやトレードで出来ないことだらけだったら、まずは焦らずに落ち着いて。

花道みたいにシンプルな形まで答えを絞ってみましょう。

トレードであれば、それは間違いなく
「あなたが定めたルール」です。

これは間違いありません。

ビジネス、特にネットビジネスであれば、
「まずは読んでもらうこと」ですね。

ここに焦点を絞ってどうすればいいかと考えてみてください。

このネットビジネスに関しては、
私のメルマガ
にその辺りの濃い情報が書かれているので、読んでみてください。

下手糞の 上級者への 道のりは 己が下手さを 知りて一歩目

ぜひ、心に刻み込んでおきたい一句ですね。

 

・・・ついでに。

スラムダンク的にはこの山王戦のラスト40秒の展開が激アツ。

たった1ポイント差で、試合終了まで残り数秒。

そこからの怒涛の展開はもう息をするのを忘れる。

最後の花道と流川のタッチのシーンはマジで感涙モノ。

あー、またスラダン読み直したくなってきたなぁ。

【ツツジからのお知らせ】

私は、20代で年収『億』超えを果たした師匠から、インターネットビジネスとWEBマーケティングを学びました。

現在は脱サラし、フリーでマーケティングやコンサルタント、トレーダーとして活動中です。

⇒ツツジのブラック企業時代から億超えの師匠と出会って成功するまでの物語とブログの理念はこちら

また、ブログには書けない濃い話(ビジネスの本質)についても無料メルマガで発信中です。

『億』超えの師匠から学んだ、

  1. 個人がインターネットビジネスで長期的に大きく稼ぎ続けるための方法
  2. 一生食いっぱぐれる事の無くなる技術(スキル)
  3. ビジネスにおけて利益をアップさせるためのヒント

などなど、お役立ち情報を発信しています。

また、↓に分かりやすい漫画も作りましたので、ぜひ読んでみてください。

【下記の画像をクリックして、月収100万円を稼いだツツジの物語の続きを読む】

>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<

参考になった!と思った方は応援クリックをしていただくと嬉しいです。