【えっ?】ビジネスの話をしていたのに気が付いたら婚活のアドバイスしていた話

ツツジツツジ

こんにちは、ツツジです。

ネットビジネスに限らず、ビジネスって実はとってもシンプル。
※これが理解できないのであれば、ちょっと勉強不足かも。

ですが、そのシンプルさ故に奥が深いのです。

そんな話を先日ブラック企業時代の後輩と飲み屋でしたので、今回はその内容をちょっとだけシェアします。

っと、その前に・・・。

その後輩の子についてのご紹介。

自分の居場所を探して転々と

ブラック企業時代の後輩のSさん。

彼は入社当時から業務の飲み込み速度がめっちゃ早くて、非常に優秀な方でした。

その出来っぷりには研修担当の私の見立てでも、

ツツジツツジ

この子は成長したら幹部候補だろうなぁ

と勝手に思うくらいでした。

ですが、実業務に入って、
うちの会社がブラック企業だと判明するや否や、3日で辞めるという、スーパー損切り早いマンでした(笑

そのあまりの潔さに、逆にちょっと面白かったのを覚えています。

・・・こういう方々の行動を見ると、やっぱり出来る子達って自分の居場所をキチンと見定める目を持っていて、決断も早いんだなぁとかしみじみ感じてたのを思い出します。

モチロン良い意味で、ですよ。

そんなSさん。

その後も何度も転職を繰り返して、結局は起業することにしたらしく、一足先に独立している私の話を聞きたいと、お話を頂いた訳です。

確かに、起業する人はホント少ないですからね。

ある意味貴重なのかもしれません。

Sさんはまだ24歳で、ビジネス経験も無し。

そんなこんなで、紹介はこれくらいにして、飲み屋での語りを始めていきましょう。

あなたに出来る事を探して

では、どうぞ。

—————————–

Sさん「ツツジさん!お久しぶりです!・・今日はすいません、お忙しい中、きていただいて・・・」

ツツジ「いやいや、全然大丈夫。むしろ暇だし(笑)というか、元気そうで何より」

S「おかげさまで・・・。あ、その節(退職のこと)は大変ご迷惑をお掛けしました・・・」

ツ「それはLINEでも聞いたから良いですってw というか、Sさんを焚き付けたのは私みたいなもんだし・・」

S「そんな事ないですよ!会社に囚われるなって考え方、めっちゃ共感しましたし、今でも絶対そう思っていますんで!」

ツ「ま、それは事実だと思いますけどね。で、今日は飲み会のノリで来ちゃったんだけど、大丈夫?面白いものとか何も用意してないよ・・?」

S「大丈夫ですw 単純にツツジさんとビジネスの話をしたかっただけなので」

ツ「そっか。なら大丈夫かな。とりあえず、飲み物を先に・・・っと・・」

~~~

S「お疲れ様~(乾杯中)」

ツ「何の話からすればいいか迷うんだけど・・・とりあえず、Sさんはこれからどうしていきたいんです?それ聞いてからの方が私としても話しやすいんでw」

S「これから・・・ですか」

ツ「そそ」

S「ご存知だと思いますが、僕、転職しまくってて・・そのたびに“コレ“ってモノが見つかんないなぁって思ってるんですよ。だから、たとえ仕事自体はちゃんと理解してやってたとしても、心ここにあらず・・みたいな感じになっちゃうんです」

ツ「なるほど」

S「僕自身が納得した仕事をしないと、なんだか自分をだましてるみたいで・・・どうしても嫌なんです。だから、自分でビジネスするって選んだツツジさんの考えを聞いて、少しでも自分に当てはまる部分が無いかなぁと・・。そういった意味だと、これからの事はまだ細かく詰め切れていないんです。会社勤めは肌に合わない事がわかってるんで、自分でビジネスをやる事にはなるとは思いますが・・」

ツ「・・・ん~、オッケーです。大体分かりました」

S「すいません、ちょっと分かりにくくて・・」

ツ「いやいや、逆に凄いと思いますけどね。普通、これからどうしていきたい?って聞いても、パッと思いつかない方が大抵ですから」

ツ「・・・で、ぶっちゃけ言ってしまうと、自分が納得した上で仕事をするってのは難しいです。いきなりバッサリ切ってしまうようで申し訳ないですけど」

S「やっぱりそうですよね・・」

ツ「でも、間違えて欲しくないのは、無理ではないと言う事。それと、難しいって言った理由ですが、単純に順番が“逆”なんですよ」

S「順番が逆・・?どういう事ですか?」

ツ「要は、自分が納得するそうな仕事をする前に、お客様が納得・・というか満足していただけるような仕事をするべきって話です」

S「お客様の方を優先するって感じですか」

ツ「そそ。もうちょっと噛み砕くと、まずは自分にできる事の中で、お客様に確かな価値を提供できる事を自分のビジネスにすれば良いって事なんですよ。その自分に出来る事は、自分が納得するような仕事とは限りませんが、少なくてもお客様は喜ぶ。これがビジネスをする第一歩って事なんです」

S「・・・なるほど。確かに、自分に出来る事=自分が納得するような仕事・・・では無いですからね」

ツ「まずはそれを探す事かな。それまでは嫌でも会社にいて給料は貰っておいた方が良いと思いますよ。お金が欲しいというよりは、精神安定剤的な意味ですね。ブラックなら速攻でやめて良いけど」

S「分かりました。現実を見据えて、今できる事が何なのか、まずはそれを思い出してみます」

ツ「そだね。物事を分析する上で、現状把握は一番最初にやるべきめっちゃ大事な事ですからね。是非やってみてくださいな」

S「了解です!」

ビジネスをシンプルに捉える

ツ「あともう一つ。ビジネスはそう難しく考える必要は無いんですよ。極端な話、ビジネスって“あるモノを誰かに売る”だけなんで」

S「・・確かにその通りですけど、その売るってのがどうしたらいいのか・・」

ツ「んー、私からしてみれば、“そう考える事自体がより問題を難しくしている”と思うんですけど・・。もっとシンプルに考えましょう。例えば、Sさんが物を買う時、何を考えて買うか、それをイメージしてみてください。ついでに買う物は食料品とかじゃ無くて、漫画とかの本にしましょうか。・・・どうです?」

S「・・・いつも買ってるジャンプとかは特に意識せずに買ってますね。しいて言うなら今週の展開が気になるから買う・・かな。」

ツ「んじゃ、初めて買う物は?本に限らずに」

S「ん~・・・例えばこのジャケットとかだと、ネットで調べて口コミを見たり、写真を見たりですかね。物によっては実際に見てみたり、着てみたりもしますし」

ツ「そう、その視点。今、Sさんが考えた事」

S「え?あ、はい」

ツ「それをお客様にも体験して貰ったり、感じてもらう事が大切なんです。これがいわゆる顧客目線というモノです。単純に押し売りをするんじゃ無くて、納得した上で購入していただくと。んで、売る側としては、お客様に納得して頂けるように、どのようにして良い体験をしてもらうか、欲しいと感じてもらうか、これを考えるわけなんですよ」

S「納得して購入・・当たり前ですけどその通りですね・・」

ツ「これって就活とか婚活とかでも同じなんですよ」

S「就活・・ですか。どういう事ですか?」

ツ「要するに自分自身を“一つの商品”だと考えるんですよ。就活なら“私はこんなスキル持ってます”とか、婚活なら“年収はいくら稼いでますよ”とか言うじゃないですか」

S「確かに・・」

ツ「でも、重要なのはそういうスペックだけじゃ無くて、“私と一緒に仕事をしていくとこんなに役に立って、最終的にはこれくらいの売上げに貢献できますよ”ってのを知ってもらう事なんです。特に就活の場合は。これが婚活なら“私と結婚すれば、庭付き一戸建て、子供達とゴールデンレトリバーが走り回るような幸せな未来をあなたに提供できますよ”といった感じですね。大事なのは、それを体験して貰ったり、感じてもらったり、イメージしてもらったりする事なんです」

S「感じてもらう・・・なるほど・・人は感情の生き物って良く言いますしね」

ツ「そういう事です。“良いな”と思った感情がまず最初に現れて、その感情が正しいという事を理性的な自分が、自分自身を“納得させていく”・・・それが人ってヤツなんですよ」

ツ「というか・・・Sさんはまだ独身でしたよね?この辺りはしっかりと理解しておいた方がいいですよ?・・・めっちゃ余計なお世話かもしれませんが、やっぱりずっと一人でいるって結構辛いですよ・・・?」

S「えっ!いや~・・まだ20代なんで結婚とかまだまだ先ですよw そもそも相手すらいませんしw」

ツ「ほう・・・婚活もビジネスも同じで、新しい出会いや発見は自分で探しに行かないと、いつまで経っても向こうからは来てくれないですよ?それに、自分の殻から抜け出す意味でも行動は大事です」

S「た、確かにそうですね・・。もっとアクティブに動きます・・・」

・・・・その後もツツジからの婚活談義はしばらく続いたのであった。

終わり

—————————–

といった感じで、Sさんと今後の事について、ビジネス以外にもかなり突っ込んだ話をしながらお酒を飲んだ訳ですが・・。

今思うと、ちょっとウザい感じだったかも・・・・と反省です。

ん~、やっぱりお酒は飲み過ぎちゃいけませんね。

ほどほどにしておきましょ。

なお、今回の話も、マーケティング的な視点で結構大事な話をしています。

どこが大事なのか、考えてみてくださいね。

そうやって思考力を巡らすことも大事。

情報はインプットするだけじゃなくて、アウトプットして活用しなきゃ意味がありませんから。

では、今回はこのくらいで。

[無料プレゼント]わずか3ヶ月で月10万の副収入を生む、自走化された設計図

コツコツ毎日ブログの更新をしてるのに

「ぜんぜん稼げない・・・」

そう嘆くのは、もうやめにしませんか?

 

私は会社員の時に

  • 法人15社以上のプロジェクト担当
  • 3年以上にわたる実績
  • 年間1億1千万円の売上を継続達成

これらを

“広告不要の収益ロジック”

で実現してきました。

 

そのロジックから

わずか3ヶ月で作り出せる月収10万円の
自走化された収益基盤
を作り出す

アドセンスに依存しない
自走式マネタイズ手法

を構築しました。

 

おかげで今では
不安定なアドセンスから卒業して


安定した定期収入を自分の手で作り上げ、
余った時間で趣味や家族との時間を増やせています。

 

アドセンス収入の有無にヤキモキしたり
日々のブログ更新に悩まされるがなくなって
時間はもちろん心にも、かなりの余裕ができました。

 

今回はその、

アドセンスに依存しない
自走式マネタイズ手法

無料でプレゼントしたい

と思います。

 

では具体的に
どのようなことが学べるのかというと。。。

大きく分けてこれら9項目となります。

さらにその後にも続々と
無料プレゼントをご用意しておりますので、
ぜひこの機会に受け取ってみてください。

 

そしてあなたも、

わずか3ヶ月で作り出せる
“月収10万円の自走化された収益基盤”で

コツコツブログ更新から卒業して
たった13記事で収益が発生し続ける日々を
いっしょに体感してみませんか?

 

こちらをクリックして
詳細をチェックしてみてくださいね^^

↓  ↓  ↓