ツツジツツジ

はじめまして、ツツジと申します。

過去の私は、

・知識、0
・経験、0
・人脈、0
・センス、0
・スキル、0

全てが「オール0」の人間でした。

そんな私が、
31歳の時に「ネット起業」という
個人でも稼いでいける世界と出会い、

34歳になった今、
インターネットを使ったビジネスで、
“ほっといても自動的に
収入が得られるようになれるまで”

大きく成長する事ができました。

今でこそ、
そのようなフリーな生き方をしていますが
そうなる前の前職では、

IT関係のブラック企業に10年間も務めていて、
心も身体も疲れきって、
逃げるように脱サラをした、
という経歴を持っています。

そんなブラック企業から独立して、3年。

私は、
個人で複数のウェブサイトを運営しながら、
会社はモチロン、
お金にも、時間にも縛られず、
妻と子供達といった、
好きな人とだけ一緒にいるという、
自由気ままな生活を送っています。

私の基本的な知識やスキルは、
飲食店を含めた複数店舗を経営しつつ、
ネットビジネスで年収1億円以上を稼ぐ
起業家(師匠)から学びました。

学んだ内容は、
インターネットビジネスと
ウェブマーケティング。

この技術を学び、結果として、
最高給39万円を得ることが出来るようになりました。

年収1億円の方の日給が27万4千円なので、
それを超えるような経験をしています。

最近では、
このマーケティングの知識と経験を活かし、
オフラインでも、
経営が傾いたクリーニング屋さんに
アドバイスをしたり、相談を受けたりもしています。

ツツジツツジ

ネット起業というと、
自宅にこもって、パソコンの前で
カタカタ作業をしているイメージを持ってたりしませんか?

実はそれだけじゃなくて、
ネットビジネスやマーケティングを学ぶと、
インターネットという枠を超えて、
オフラインビジネス(実店舗経営)にも
役に立つんですね。

しかも、その力は分野を問わず、
あらゆるビジネスに応用が可能なのです。

だからこそ、
自分のペースで仕事をしたり、
自由に好きなことが出来る生活を
実現できているんですね。

ではまず、私の日常を箇条書きで
ご紹介していきますね。

ツツジの日常紹介(箇条書き)

●24時間365日、すべての時間を自分の好きな事と家族のために使える

●好きな時間にパソコン1台を抱えて、ふらっと近所のカフェでコーヒーを片手に仕事ができる

●ネット上で自動的に利益が発生する「仕組み」を作ったことで寝てても安定した収益が発生する

●年収億超えの起業家やマーケターと出会い、その魅力と格好良さにめっちゃ刺激を受ける

●気になる本があると片っ端から買って読む。知識が増えるのが楽しくて仕方がない

まとまった時間があればトレードの腕を磨く。仮説と分析を繰り返しながら判断するのが面白い

●子供の授業参観に行くと、パパで参加しているのが私だけでちょっと恥ずかしい。笑

●子供がいない時に、妻と美味しいランチを食べに行く。子供たちにはケーキのお土産。

●コンテンツの勉強として漫画や映画を見る。気がついたら楽しすぎて、めっちゃのめり込んでる。苦笑

こういった生活が当たり前になるのが、
インターネットビジネスの魅力だと言えますね。

昔の私だったら、
まず想像もできない世界だと思います。

そもそも、過去の私は、
インターネットのビジネスに関する知識なんて
完全に「0」でした。

むしろ、

ツツジツツジ

インターネットビジネス・・・?
めっちゃ怪しい・・・。

と思ってる側の人間でした。

ですが、
“正しい知識”と“正しい考え方”
この両方を学んだことで、
インターネットビジネスの奥深さを知り、
自由な人生を実現することができました。

今でこそ、毎日が楽しく、
刺激的な日常を送れていますが、
過去の私は自分に自信がなく、
今までの生きてきた30年という時間を
ずっとお金に縛られたような生き方をしていました。

特にコミュ障が酷くて、
いつもビクビク怯えているし、
勉強も出来なければ要領も良くない。

5分前に言われたことすら
聞き返すレベルの記憶力・・・。

加えて、家庭環境が極めて貧乏で、
お金がかかることに関しては、
常にあきらめる思考回路になってました。

でも、
そんなつまらない人生がたまらなく嫌になり、
経済的に自由になりたくて、
独立して生きていこうと決意したのです。

 

このブログのコンセプトは、
ライフスタイル(生き方)の選択権は
常に自分にある、という事を広めること。

読んで下さった方の人生が
少しでも豊かに、明るくなることを目指して、
情報発信をしています。

豊かで、明るい人生を
実現させていくステップは、

豊かで明るい人生を実現する4ステップ

ステップ1:人生を縛るお金から自由になる
(金銭的自由)

ステップ2:時間的な余裕をつくる
(時間的自由)

ステップ3:心のストレスをなくす
(精神的自由)

ステップ4:元気に健康でありつづける
(身体的自由)

この流れです。

お金と時間、心と身体。

この4つの要素は密接に関わりあっています。

例えば、
生きていくためには、
お金はどうしても必要です。

そのお金を得るためには、
まず働く必要があります。

お金がなければ、
働き続けるしかありません。

その結果、自由な時間はなくなり、
時間がなければ、心の余裕もなくなります。

それがずっと継続すると、
心へのストレスはいずれ、
身体にも悪影響をあたえていくのです。

逆に言うと、お金さえあれば、
これら全ての解決につながります。

お金があれば、
働く必要がないわけですから、
時間的にも十分な余裕ができるので、
精神的にも、身体的にも問題は発生しません。

しかも、自分自身で
お金を生み出す仕組みの作り方を
知っていれば、
いつでも、必要な時に自分だけの力で
お金を作り出すことが出来るのです。

そうなれば、
精神的なストレスが
限りなくゼロになることはモチロン、
お金を稼いでいるという自信とともに、
他の人に優しくできるという余裕すら生まれるのです。

逆に、身体的な問題・・・

例えば、
ちょっと重めの病気にかかったとしても、
お金があれば、
最新の医療設備が完備された病院で、
適切な治療を受けることが出来ます。

健康や美容のために、
ジムやトレーニングをすることも出来ますし、
栄養のある食事もとれますよね。

このように、

お金と時間、心と身体。

この4つは、
切っても切り離せない関係にあり、
しかも、人生を豊かにしていくには、
どの要素が欠けてもいけないのです。

特に「お金」に関しては、
残り3つの自由をスムーズに実現させ、
向上させていくのに必須の要素となります。

例えるなら「お金」は、
潤滑油や血液といったものと同じイメージです。

だからこそ、
自分の力で稼ぐ力を第一に身につけて、
そこから他の自由についても
引き上げていくという流れとなるのです。

 

このブログでは、

私が自分で経験したことや、
尊敬する師匠を含む、
成功を収めた起業家・経営者から学んだ、

人生をより豊かに、
より良くしていくための方法
(時間の生み出し方、モチベーション管理術、思考力アップ法など)

について、発信していきます。

このブログを読んでいただく上で、
私の過去の経歴を共有しておくと、
ブログの内容が、
より理解しやすくなると思います。

なので、私の過去の経歴と
このブログが「目指しているもの」について
共有させてください。

 

―― ツツジの物語 ――

私は、小学校、中学校、高校、大学、
そして、ブラック企業時代までの30年間。

常に自分に自信が持てず、コミュ障で
ずっとお金に縛られた生き方をしてきました。

『お金が無さすぎて』貧乏社畜戦士ツツジ誕生

『お金がないから・・・』
これは、私が最も嫌いな言葉です。

幼少の頃からブラック企業の社畜まで、
30年間も「貧乏」というコンプレックスを
抱えながら生きてきました。

貧乏は人生を狂わせる。
それを我が身を以て、体験しました。

■幼少の頃

オモチャ付きのお菓子が欲しくて、
駄々をこねた時、幾度となく、
母から言われた言葉。

「うちにはお金がないから、そんなの買えるワケないじゃない!」

■中学時代

友達とカラオケに行きたかったけど、
『お金がないから』行けなくて、
恥ずかしい思いをしながら口にした言葉。

「マジでごめん。。今、金ないからカラオケ行けないわ・・」

その時、財布にあったお金はたったの180円だった。

■高校時代

私立の高校をひそかに狙ってたけど、
『お金がないから』諦めて、
自宅から一番近くの公立高校で妥協した。

「どうせ、父さんに言っても金がないって言われて却下されるだろ・・」

■大学時代

サークルや大学生活を満喫したかったけど、
『お金がないから』大学の4年間、
ずっとセブンでバイトして、
生活費と小遣いを稼いでいた。

そのセブンのバイトでも、
時給が高い夜勤にばかり入って、
生きるための日銭を稼ぐ毎日。

そんな日々の中、キャンパスライフを
楽しそうに過ごす人たちを見て、

「どうして自分はこうなんだろう・・・」

と心の中で自己嫌悪になりつつも、
来る日も来る日も、
授業が終わってから早足で家に帰り、
仮眠を取ってバイト先に向かう日々の繰り返しだった。

■ブラック企業時代

社会人になっても、
貧乏という名のコンプレックスは変わらず。

『お金がないから』毎日毎日、
朝早くから夜遅くまで働く私。

それこそ会社の電気が消されるまで。

当時、私はどこにでもいる
IT企業のサラリーマンでした。

ただし、
ブラック企業のサラリーマン、ですが。

サラリーマンとして生きる日々は、
まさに地獄でした。

一般的なサラリーマンは、
ひと月160時間程度の労働時間が普通。

なのに、
私の労働時間は200時間を余裕で超え、
多いときには300時間に迫る勢いでした。

もうヘトヘトを通り越して、
何も考えられなくなっているような状態。
脳が考えることを放棄する辛さ。

そんな中、
浮かび上がるのは恨みにも似た感情のみ。

「なんで私だけこんなに働かなきゃいけないんだよ!マジいいかげんにしろよ!」

そう思いながらも、
退職を決意できない弱い自分が情けなくて、
何度も何度も自分の拳を強く握りしめた。

その間にも、上司や顧客からのパワハラは
日に日にエスカレート。

新人が入ったかと思ったら、
わずか3日でいなくなったり、
気がついたら退職してるなんて当たり前。

昨日まで横で一緒に働いていた同僚が、
次の日にはいきなり別部署に異動される事も珍しくない。

転職代行で即日いなくなるなんて、
よくある会社でした。

さらには、
よく分からない仕事が次から次へと
上司や顧客から降ってきて、
しかも誰も細かい事情を把握していないまま業務が開始されているという惨状・・・。

そんな毎日の中、
幾度となく襲ってくる頭痛や吐き気、
めまいに襲われ、ふいに意識が飛んで、
目の前が真っ暗になることも
一度や二度ではありませんでした。

でも、

『お金がないから』
働き続けなければならない。

その、強迫観念にも似た考え方が、
自分を縛り上げていたのです。

頭の片隅では理解していました。

ですが、それにフタをして、
徐々に心が病んでいくのを感じながらも、
それでも、一心不乱に働き続けたのです。

それくらい、
「貧乏」というコンプレックスは
私の中で大きく膨らんでいました。

 

そして、
そんな社会人生活が
10年間も続きました。

 

そんな生き方を10年も続けていると、
もう立派な社畜の出来上がりです。

私もその例に漏れず、
貧乏というコンプレックスを抱いたまま、
ブラック企業の「社畜戦士」の一人となったのでした。

限られた時間から見出した、たった一つの答え

そんな貧乏社畜戦士となった私ですが、
日々を過ごす中で、
「とある疑問」にぶつかったのです。

その疑問から、私は脱サラすることを
心に誓うこととなります。

私はどこにでもいる普通の人間です。

特に優秀でもありませんし、
むしろ頭は悪い方です。

しょうもないミスを何度も繰り返したり、
物忘れが激しかったりもしました。

時には上司からの指示を

「承知しました!」

と元気よく答えて、その5分後に、

「さっき頂いた指示って、
どういうことでしたっけ?」

と聞きに行き、
怒られるようなダメっぷりでした。

そんな人間だったので、言うまでもなく、
人脈なんてある訳もありません。

そしてモチロン、
当時は知識やお金もありませんでした。

この「無い無い尽くしの私」でしたが、
唯一、持っていたものがあるんです。

それが『ほんのわずかな“時間”』でした。

残業続きで、
死にそうになりながらも家に帰り、
布団になだれ込むまでの時間。

この「わずかな時間」が、
私に唯一残された最後の自由であり、
精神的な癒しの時間でもありました。

この時だけは誰にも縛られず、
自由に今の自分や将来の事、
そしてお金について考える事のできた時間だったのです。

私はこの、全ての人に平等に与えられた、
お金では買うことの出来ない「貴重な時間」

それを少しずつですが10年も使い、
その結果、

「ふと、あること」

に気がついたのです。

頭の出来が良くなかったせいで、
恐ろしく時間が掛かりましたが、
その「わずかな時間」の積み重ねによって、
やっと気づけたのです。

そう。

「あれ?なんで私、働いてるんだっけ?」

という、本質的な疑念に。

・・・・・自己対話・・・・・

「あれ?なんで私、働いてるんだっけ?

お金を稼ぐ為に働いてる、それは間違いない

「お金がなきゃ生きていけないし、自分も家族も路頭に迷う」

「死にはしないと思う。でも違うんだよ。お金が無いと、人としての尊厳を著しく損なう事になる

「今まで30年間生きてきて、それを何度も経験したから分かる。これ以上、あんな思いはしたくない」

「しかも、それと同じ思いを妻と子供たちに?それだけは絶対にさせたくない

「だからこそ、お金は絶対に必要

「・・・なら、そもそも今の会社にいる意味ってあるの?

「上司からパワハラは酷いし、無茶な仕事が無限に降ってくる」

「毎日終電帰りで子供の成長も見届けられず、鬱一歩手前まで働かされてるんだよ?」

「しかも、自分の命にも等しい時間を切り売りして得た、“雀の涙のような給料”のために、残りの人生を費やして耐えながら働く・・・そんな必要って本当にあるの?

それは絶対にない。間違いなく」

「なら、今の仕事にこだわりがあって、離れたくないとか?

それも無い。明日にでも上司に退職届を叩きつけられたら、どんなに清々しい事か!と思うくらい」

「・・・つまりこれって、今の会社にいる必要はないけど、生きるためのお金は欲しいという事だよね」

「んじゃ、転職すれば良いの?

「いや、それも違う。正直言って、どんな会社に行っても状況は似たり寄ったり

「どこまで行っても会社という組織の歯車の一つなのよ。サラリーマンってヤツは」

「常に社長や取締役、株主が美味しいところを持っていって、私のような底辺サラリーマンは最低限の給料で生かさず殺さずに飼い慣らされる

「つまり社畜だ。いや、もうブタなんだよ、立派なブタ。しかも10年モノのブタなんだ私は

「でも、もうそんなのには、こりごりなんだよ。いい加減、飽き飽きなんだよ。というか、これ以上は私の身も持たない」

「じゃあ、どうすればいいか?

「・・・見つけるしかない」

誰にも縛られずに、さらにお金にも困らない方法を

「そう、経済的に自由になる方法を探すしかない

「そして、いつも私の人生を振り回して狂わせてきた”お金”を、今度は逆に振り回すくらい、絶対に自由になってやる

そう決意した時、
私の中で何かが吹っ切れたのを感じました。

そして、その次の瞬間から、
私の「社畜からの脱サラ計画」が始まったのです。

どうしても経済的に自由になりたい

社畜からの脱サラを決意したものの、
当時の私は大いに悩み、葛藤しました。

ですが、本当に大事なものである
「家族」の存在を再認識した時、
私の決意は、揺るがぬものとなったのです。

「経済的に自由になる方法を探す」

この考えに至るまで、
新卒から10年という歳月を要しました。

この時点で、
私がどれだけ頭が回らない人間なのかが
見て取れると思います。

ですが、これには原因があるんです。

今でこそ理解できることなんですが、
その当時は、

働くことでしか、
お金をもらえた経験がなかったから、
“経済的自由”という考え方は、
宝くじで1等に当たるくらい非現実的な事

だと思って、
全く考えに入れていなかったからなんです。

だからこそ、その考えを改めるのに、
あり得ないくらいの時間を要してしまったのです。

 

さて、話を戻しますね。

経済的自由になる方法を探すために、
あらためて実施したこと。

それはまず、今の自分の現状整理でした。

つまり今の年収をチェックした訳です。

30代前半の平均年収と比べて
自分の年収は・・・・。

430万。

平均よりちょっと低いくらい。

ただ、全く安心はできませんでした。

なぜなら、私は独り身ではなく、
既婚者だったからです。

更には子供が2人もいる。

しかも、2人いる子供たちは
共に発達障害(ADHDや自閉症)という
脳の障害を抱えていました。

このような状態だったため、
妻は2人の子供を見るために
どうしても専業主婦となるしかなかったのです。

さらに妻も子供達の世話の大変さから、
体力と同時に精神の方もすり減らしていました。

このような状況下だからこそ、
感じたのです。

妻と子供たちを不安にさせたくない。
でも、今のままでは、いつか必ず破綻する。

と。

子供達の発達障害は治らない。

なので、将来的な医療費は
膨大な金額になることが予想されます。

ですがそれ以前に、
そもそも妻との共働きが出来ない時点で、
収入よりも出費の方が多くなってしまい、
完全に赤字だったのです。

まさに毎月が火の車。

例えボーナスが出たとしても、
貯蓄することなど出来ずに
マイナス分を補填するだけで、
焼け石に水。

それこそ宝くじでも当たらなければ、
状況をひっくり返すことなんて不可能と
私自身が思っていました。

ですが、
そのような非現実的な妄想に
逃げる訳にはいきませんでした。

なぜなら、
目の前にあるのが、現実だからです。

・・・であれば、どうするべきか。

それをもう一度考えました。

①現状維持、私一人でずっと働いて稼ぎ続ける
別の手段でお金を稼ぐ

まず、

これは「会社の歯車の一つに戻る事」を意味しています。

なので、選択肢として「有り得ない」のです。

それに、そもそもには無理があるのです。

私自身、今なら身体が動くし、
頭も悪いなりに回ります。

ですが、

「じゃ、それが、いつまでも可能なのか?」

と自問すると、

「そんなのいつまでも耐えられるモノじゃない。無理だ」

という答えに行き着くからです。

当たり前ですよね。

私は人間です。
いつまでも身体が丈夫という訳ではないし、
頭も回る訳ではありません。

歳を取ればその分だけ、
身体も衰え、頭の回転も遅くなる。

そんなことは誰だって分かる話です。

つまり、
①という選択肢は『確実に破滅する』ことが見えているのです。

しかも、そもそもの目的である、
「妻と子供たちを不安にさせないこと」
がクリア出来ていない

そんな未来のない選択肢に、
私の家族を預ける訳にはいきません。

そうなると、もう選択肢は残るひとつ。

別の手段でお金を稼ぐ

これしかない。

この結論に至った段階で、私は腹をくくった。

継続的に得られる収入源を探した先で・・・

ビジネスの「ビ」の字も知らない
初心者の頃。
即金性の高いものばかり頑張っていました。

ですが、
自分の求めていたビジネスはそこではなく、
「継続的な利益を得られるビジネス」
であることに徐々に気づいてきたのです。

『一刻も早く、体力のある内に脱サラしなければならない』

『いつまでも、満員電車という棺桶に入っている訳にはいかない』

そう思い、
必死にインターネットで調べに調べ続けました。

私が持つ、ほんのわずかな自由な時間と
睡眠時間を削って生み出した数時間で、
睡魔と格闘しながら。

最初は「在宅」と「副業」をキーワードとして調査開始。

まずは、
多数のポイントサイトに登録して、
無料の資料請求や
クレジットカードの新規登録をし、
その対価としてポイントが手に入る、
ポイントサイトから始めてみました。

得られたポイントは、楽天ポイントや
セブンのnanacoで使う事が出来たので、
結果がそのままお金に変わっていくのを
実感として感じられました。

これが意外と快感で、

ツツジツツジ

あれ?このポイントサイトって、
結構がんばれば儲かるんじゃね?

と思い、夢中でやり続けました。

来る日も来る日も資料請求をし、
時には商品のモニターをし、
お得なポイントをゲットして行く毎日。

・・・そんな日が1ヶ月も続いた頃に、
気づいたのです。

ツツジツツジ

・・・あれ?
これって結局、働いているのと同じじゃね・・・?
しかもバイトの方が稼げるし・・・

そのことに気が付き、
ネットという情報の海に再ダイブしました。

その後も、
記事を書いて納品するといった稼ぎ方をする
クラウドソーシングをしたり、
オークションの商品転売や
自分のITスキルを売るような
販売系にも挑戦したのですが、
どれも単発の利益で、
なかなか継続的な利益にはなりませんでした。

さらに、
調べれば調べるほど「直ぐに儲かる」という
最高に嘘くさい宣伝文句がわんさか出てくる始末。

そんな中、最終的に辿り着いたのが
情報発信ビジネスだったのです。

つまり「インターネットビジネス」でした。

 

正直、当時の私も、

ツツジツツジ

ネットビジネスかぁ・・・
ちょっと胡散臭いなぁ

と言う気持ちが少なからずありました。

でも、

「少しでも稼げる可能性があるのであれば、
挑戦しない方が損だ!」

というチャレンジ&チャレンジの精神で飛びついたのです。

ある意味では、
当時はそれほどまでに追い詰められていて、
「ワラにもすがる思い」だったのです。

独学と言う名の迷路の果てで、運命的な師匠との出会い

インターネットビジネスを知って、
「トレンドブログ」を開始するも、
半年間利益なし。

あまりの悔しさに、
挫折しそうになりました。

でも、家族を思うことで自らを奮い立たせ、
折れずに続けた結果、私は出会いました。

年収「億」を稼ぐ今の師匠のブログに。

それからの行動は早かった。

ネットビジネスでの収入は、
サラリーマンの給料に近い金額、
いや、それ以上を得られることを知り、

「これなら脱サラへの大きな一歩になる!」

と意気込み、
どんな方法が良いかを必死に検索。

インターネットの情報だけを頼りに、
一から独学で必死の思いで、
雑記ブログを立てました。

作成した雑記ブログは今で言うところの
「トレンドブログ」。

世の中の流行に合わせて
記事を作成するブログでした。

トレンドブログにした理由は、
大学時代、短期間ではあるものの、
面白いニュースをネットから掘り出してきて、
ブログで紹介していた経験があったからです。

だからこそ、

ツツジツツジ

日々の面白いことをブログで書こう

そう思い、
トレンドブログを立てようと思ったわけです。

利益の出し方としては、
広告画像をクリックする事で報酬が得られる
Googleアドセンス」として、
運営を開始しました。

最初の一ヶ月は、
記事のネタに困ることはなかったのですが、
二ヶ月、三ヶ月と経過するに従って
ネタ切れを起こし、
気がついたらネタとなるキーワードを
必死に探すような毎日になってしまっていました。

そして、
キーワード探しだけでかなりの時間を使い、
結局、記事を書く頃には
疲れ切ってしまっていたりすることもしばしば・・・。

まさに「本末転倒」とはこの事。

そんな日々が続き、
気が付いたら途中から、
自分自身も興味が沸かないような記事を
書くようになってしまっていたのです。

当然、そんな記事を書いてても、
ちっとも面白くないですし、
書いてる私自身が一番ツラかったです。

そんな状態ではあったものの、なんとか半年、
そのトレンドブログを更新し続けたのですが・・・。

結果から言うと、

全ッッッ然、稼げませんでした。

全く。
からっきし。

要するに、Googleアドセンスの広告画像が
全然クリックされてなかったのです。

そう。

当時の私は、
ネットビジネスで全く稼げていない層の
1人だったのです。

悔しい・・・・。

悔しいッ!
悔しいッッ!
悔しいッッ!!!

半年やってまともな利益を出せないような、
ダメな自分が、ただただ腹立たしい。

でも、

それでも、私は腐らなかった。

それは、家族を支える大黒柱として

父親として

男として

人として

決して諦めてはならない地点に立っていたから。

振り返れば自分の後ろには、
妻が、子どもたちがいる。

そして、自分に言い聞かせた。

「諦めるな・・・諦めるな・・・。
 まだだ、まだだ・・まだ・・いける」

もはや後戻りできない岐路に自分はいる。

だから、さらに考えた。

「どうしたら
お金を稼ぐことが出来るのか?」

深く

深く

より深く

そして、

「今まで得た情報の何が悪かったのか?」

その答えを探しながら、動きました。

インターネットをさらに深く、
とにかく検索しまくり、
必要そうな情報、役に立ちそうな情報があれば片っ端から手に入れ、
時には「これは!」という情報商材を購入し、実践してみたりもしました。

そうして、私は辿り着いたのです。

現師匠となる、
年収「億」超えの「あの人」のブログに。

年収「億」超えの師匠が魅せるネットビジネスの可能性

師匠のブログと出会い、そこで得た情報を
すべて自分の血肉にしていきました。

その先に、チャンスが訪れた。
「師匠のコンサル募集」

私はその企画に参加するために
第一歩を踏み出し、
今の師匠に出会ったことで、
人生が大きく変わったのです。

師匠のブログは一見、
スマートかつオシャレなブログで
変なところは全くありませんでした。

だからこそ、気付きにくかったのです。

中身が、完全に異次元だった事に。

『量』は、
必要最低限の記事数でありながらも、
その中で、ネットビジネスの考え方から
実際の稼ぎ方、記事の書き方、
人間の心理や行動学まで、
その詳細をこれでもかと、
具体的に落とし込まれ、
1つ1つの記事がそれこそ数万文字に至るレベルとなっていました。

『質』に関しても、
「これを書かれてしまったら、他のブログは勝ち目がない」
というレベルの有料クラスの情報を
惜しげもなく発信していて、
実際に紹介されている手法を取り入れて、
数多くの成功者を輩出しているような
高品質なコンテンツが目白押し。

『深さ』に関してもそう。
ブログの記事一つ取ってしても、
数万もの文字で分かりやすく語られていて、
しかも読み始めたら止まらない。
マウスのクリックとスクロールが
止まらないのです。
まさに時間を忘れ、
「むさぼるように」読んでしまい、
気が付いたら翌朝になっていることすらありました。

これら3点はどれを取っても、
他のブログと比較するのもおこがましいくらい凄まじい衝撃を私に与えたのです。

そして、
師匠の記事やメルマガに触れていくに連れ、

今まで学んできたことがどれだけ浅く、
本質を突いていないものかという事実を、
稲妻のごとく突きつけられた
のです。

また、それと同時に、
今まで学んできたネットビジネスの情報が
どんどん紐づいていくのを感じました。

言うならば、
今まで学んできた情報の一つ一つが
「点」であり、その独立した「点」達が
師匠のブログ記事によって結びつき、
線となり、形を為していったのです。

それはさながら、夜空に浮かぶ星座のように。

その星座の前では、

「お金持ちになるのは無理」

とか

「ネットビジネスは稼げない」

といった低次元の問題は存在しておらず、

「やればやっただけの継続的な報酬となる」

という、
厳然たる事実だけが存在していました。

 

そんなある日。

その「億」超えの師匠のメルマガに
「とある募集」が掲載されたのです。

 

そう。

師匠のコンサルティング募集でした。

その募集を見た瞬間、
私の心臓の鼓動が一気に跳ね上がったのを
覚えています。

何度も何度も
そのコンサルティング募集メールを読み直す。

はやる気持ちを抑えようとしても、
抑えきれない。

次第に喉が乾いてくるが、
震える指は止められない。

けど、
私の心に一切の迷いはなかった。

ゴクリと喉を鳴らし、覚悟を決める。

「おりゃ!!!」

気合を入れて申し込む。

その間、わずか7分。

それは、
師匠のコンサルティングの募集が開始されて、
受理されるまでに掛かった時間。

受理された瞬間、
希望あふれる未来が開けた気がした。

 

そして今、その師匠の元、
正しいネットビジネスでの稼ぎ方、
その構造を根本から学び直した私が、
ここにいます。

そこから先は、ご存知の通り。

私の人生は文字通り、劇的に一変したのです。

正しい知識と正しい方向を知っているだけで、その努力は劇的に人生を変える

正しい知識と正しい努力の方向を知って、
積み上げていくこと。

ネットビジネスは、それさえ出来れば、
劇的に人生を変えることだって難しくない。

そのことを私は師匠から学びました。

私は1年の独学期間を経て、
今の師匠と出会い、ネットビジネスの本質を
知ることが出来ました。

今思えば、
これはとても幸運なことだったと思います。

なぜなら、多くの方は
ネットビジネスの「正しい知識」と
「正しい努力の方向性」を知らないからです。

その2つを知らないままだと、
まずゴールがどこにあるかが分かりませんし、
そのゴールに続く道すらもわかりません。

さらには、
その道をどうやって進んでいくのかも
分からなくなってしまうのです。

もう完全に迷子の子猫です。

例えると、これって山登りと似てるんですね。

山登りって、
頂上(ゴール)を目指すじゃないですか。

その頂上までの道のりって色んなルートがあると思うんですよ。

ゆっくり時間を掛けて登るルートもあれば、
切り立った崖を登る超ハードコースの道もある。

そして、頂上に行くための手段もたくさんありますよね。

徒歩はモチロン、ロープウェイとか、ヘリだってあるかも知れません。

ネットビジネスの「正しい知識」と
「正しい努力の方向性」もこれと同じ。

「正しい知識」とは、
どの手段を使えば、最も早く頂上に着くことができるかを教えてくれます。

「正しい努力の方向性」とは、
頂上がまずどこにあって、どのルートを行けば最も確実に頂上にたどり着けるかを指し示しくれます。

 

どうですか?

イメージできましたか?

これが、本当に大事なんですね。

これが見えているのと見えていないのでは、
1年経った後、「計り知れない差」となって
現れてくるのです。

私がその良い例です。

過去の私は、どのようにしてブログで
利益を上げていくのか、
全く検討もつかず、

ツツジツツジ

必死にブログを更新してれば、
そのうち稼げる!

という何の根拠もない進め方をしていました。

ですが、師匠からブログを含む
情報発信ビジネスの本質的な知識を
学んだことで、

「何を、どうしていけば良いのか」

それが明確に分かるように
なっていったのです。

 

知識が増えるということは、
視点と視野が広がることです。

それによって、
世界の見え方がガラリと変わるのです。

これには正直、

「知識ってヤバすぎでしょ・・・」

と思わざるを得ませんでした。

過去の私にとってのビジネスとは、
一部の才能を持つ方や
センスのある方だけが出来ることであり、
自分には関係ないことだと思っていました。

でも実はそうではなく、

「え?ビジネスは科学ですよ?
というか、
暗記に近いです。
知識があれば勝てるし、
応用できれば無双できる世界です」

師匠にそう言われて1年。

ひたすら学んで、実践して、学んで、実践しての繰り返し。

そうやって学べば学ぶほど、
ビジネスを見た時に、
どういった改善が効果的なのか、
理論立てて説明できるようになっていったのです。

その結果、お客さんに喜んでもらえて
収益につながるという結果を残すことが
出来るようになりました。

それはつまり、自分で価値を生み出して、
お金を稼ぐという事。

この、
「価値を提供して、喜んでもらえて、稼げる」
という「プラスのサイクル」を回すのが
とても刺激的で面白かったのです。

人生は本当に短い。だから後悔してる時間なんかないし、限界まで楽しんだほうが絶対面白いと思った

限りある時間の中で、
遠慮なんかする必要はないんです。
自分の人生の主人公は「自分」だけ。

自分のやりたいこと、
自分の感情に素直になることで、
事態は徐々に好転していき、
次第に楽しくなっていくのです。

これは社会人を10年もやってたからこそ、
感じる事なんですが、ホント、

「1年ってあっという間」

なんですよ。

「えっ?もう1ヶ月経っちゃったの?」×12回

これの繰り返しなんですよ、1年って。

だからこそ、

「もっと時間を大事にしていかなきゃ!」

そう、
いつも自分に言い聞かせて私は生きています。

 

自分の時間が終わる瞬間。

つまり、死の直前。

人がその時に思う事って、
大抵が後悔なんです。

「もっと自分らしく生きればよかった」

「もっと家族との時間を大事にすれば良かった」

とか。

なんと言うか、
勿体ないし、少し悲しい気持ちになります。

私としては少しでも、

「してみたい!」

と思った事があるのなら、

「オッシャ!とりあえず、やってみよっか!」

って感じでやっています。

モチロン、
そこまで大それたことをやってる訳じゃありません。

ネットビジネスやってみよ~と思って、
「とりあえず」ブログ書いてみよっとか。

YouTubeやってみよ~と思って、
恥ずかしいけど「とりあえず」ちょっと撮ってみよっとか。

この、
自分のやりたいこと、
自分の感情に素直になること。

実はこれってすっごく大事な事なんじゃないかと私は思っています。

例えば、お金が欲しければ、お金が欲しい!でも良いと思うんです。

そこから、

「んじゃ、どうやって稼いでいこうか?」

という思考が私の中では起こるんです。

そこがビジネスの出発地点。

私はそうやって、
前のめりに生きるようになってから、
状況が徐々に好転していったのを
肌で感じました。

たった一度の人生なんです。

ゲームみたいにセーブや
コンティニュー(もう一度やる)は出来ないし、

ドラゴンボールみたいに
生き返るなんてことも出来ません。

となった時、

ツツジツツジ

あれ?
なんで私、遠慮なんかしてたんだろ?
ていうか、誰に遠慮してたんだ・・?

って思ったんですね。

だからこそ、たった一歩。

いや、ほんの半歩ずつでも、
私は踏み出すことが出来たんです。

自分の人生を今よりも楽しく、
より良くするために。

ちょっとばかりの「勇気」を
出してみたんです。

だって、

自分の人生の主人公は、
自分しかいないんですから。

そうやって、最初の一歩を踏み出して
ビジネスを進める方は数多くいます。

私と同じように、会社で仕事ができなくて、
上司のパワハラが原因で退職したサラリーマン。

子育てと家事で忙しくて、
夜しかネットビジネスが出来ない専業主婦。

大学の授業が退屈すぎて
時間を無駄に使っていた大学生。

そういった方々が、
自分のやりたいことに素直になって、
ビジネスの仕組みや、
お金持ちの価値観、知識、思考を学び、
人生を一変させているのです。

一歩踏み出して知識や情報を得るだけで、
こんなにも人生変わるのか。。。

その事実を知って、
私自身の人生にも希望が持てたのです。

しかも、その方々は、
更に上を目指して勉強し続けています。

そう聞くと、

こんな所で立ち止まってる場合じゃない!

といって自分自身に喝を入れたくなるんですね。

ビジネスの奥深さ、楽しさを知って欲しい

私の周りの起業家や経営者の姿を見ると、
ホント、みんな目をキラキラさせながら、
ビジネスを楽しんでいます。

例えば、アフィリエイト。

自分で商品のレビューを必死に考えて、

「これでどうだ!」

という気持ちで世に出していくんですよ。

モチロン最初から
ジャンジャン売れていくことなんて、
そうそうなんですけど、
1個や2個くらいなら普通に売れていったりするのが、この世界なんです。

そして、
自分が必死に考え抜いた文章を
お客さんに触れてもらう事で、
それ読んで頂いたお客さん達の心を動かし、
商品を購入してもらう。

これって体験してみると分かりますが、
めっちゃ嬉しいんですよ。

特に初めての売上とか。

飛び上がって、小躍りしたくなるくらいに。

その嬉しさや奥深さ、楽しさは、
他では味わえないモノなんですよ。

しかも、どんどん知識に投資して
学びを得ていくことで、自分自身も
レベルアップしていくことが出来るし、
そのレベルの上限も有りません。

ある意味では、鍛えたい放題な訳です。

モチロン、
最初はみんなレベル0からのスタートです。

私もそうでした。

ドラクエやポケモンと同じ。

「ツツジ(Lv.0)」です。

だから、
レベルをひとつずつ上げていきました。

ネットビジネスで利益を出していくのに
そんな高いレベルは必要ありません。

レベルで言えば、
15もあれば月収数万円は可能でしょう。

ただ大切なのは、

レベルが上がる努力を
ちょこっとずつでもしていけるか?

って事なんですね。

・毎日30分だけでもブログ記事を書く
・少しでも知識や情報にお金と時間を使う
・学んだ事をちゃんとアウトプットする

私もまず最初は難しい事はせずに、
簡単なことから頑張ってみて、
最初のレベル上げをしていきました。

ゲームをしているみたいな
ポジティブな姿勢で。

そうすればレベル上げの努力も
苦になりませんからね。

しかもそれで、資産や仕組みが作れて、
将来的な「不労所得」を得られるのであれば、

ツツジツツジ

もうやるっきゃないじゃん!

ってな訳ですよ。

頑張る理由にこれ以上のものはないと、
胸を張って言うことが出来るくらいです。

いずれにせよ、
未来に向けて一つ一つ積み重ねていく、
その過程が最高に面白い。

それがこの情報発信ビジネスなんです。

私は今でも、
もっと面白い体験をするために、
学んでは実践し、
また学んでは実践しを繰り返しています。

それが未来の資産になることは
分かっているし、
毎日知らないことを学ぶのは、
とても刺激的でワクワクするものなんです。

しかも、
学んだことが確実に
お客さんの価値になっていく、
そんな感覚も得られてとても楽しいのです。

私は、これからも
知らない事をどんどん学んでいきます。

そして、
面白いビジネスやコンテンツを
発信していけるように、
日々、レベルアップしていきたいです。

この上限のない、現実世界で。

―― ツツジの物語 終わり ――

最後にあらためて、ブログのコンセプトおさらい

私のブログでは、

豊かで、明るい人生を
実現させていくステップとして、

豊かで明るい人生を実現する4ステップ

ステップ1:人生を縛るお金から自由になる
(金銭的自由)

ステップ2:時間的な余裕をつくる
(時間的自由)

ステップ3:心のストレスをなくす
(精神的自由)

ステップ4:元気に健康でありつづける
(身体的自由)

この4つステップを基本としています。

この考え方をベースにして
ブログを読んで頂くと読みやすいと思います。

たまに、

「ツツジさんは元々頭が良かったんじゃないですか?」

と言われることがあります。

だから、結果が出せているのではないか?と。

でも、そんなことは全くありません。

ここまでお話してきた通り、
過去の私はコンプレックスの塊でしたし、
理解力もなければ、応用力もない、
典型的なダメリーマンでした。

でも、だからこそ分かる事があります。

ただ闇雲に努力しても、
結果は出ないんですけど、
ちゃんとした正しい知識を学んでやれば、
結果はおのずと付いてくる

ということ。

昔の独学時代の自分は、
正しい知識を知らなかったから
結果が出なかったんです。

そこに気づくまで、1年という
決して短くない期間を費やしましたが、
だからこそ、
今は心底、知識の大切さが理解できるのです。

私はビジネスを始めた当初、
あらゆるものが「0」でした。

・知識、0
・経験、0
・人脈、0
・センス、0
・スキル、0

モチロン、
インターネットビジネスの知識もゼロ。

でも、人は変われる。

ちょっとしたきっかけと正しい知識があれば、
人生はどんどん楽しく、面白くなる。

 

もしかしたら、ビジネスと聞くと、
難しいイメージを受けるかも知れません。

ですが、日本人は、
幼少の頃からビジネスを学ばないから
そのやり方を知らないだけで、

今の日本人の理解力や知識レベルで言えば、
本来わからないわけはないんです。

それくらい、
日本の学校教育はしっかりしています。

そして、
ビジネスは学べば学ぶほど、
知識と比例して、お金は増えるし、
結果的に時間も自由になるのです。

そして、
自由になった時間を使ってさらに学べる。

これこそまさに
「お金と自由のサイクル(循環)」なのです。

 

私のメルマガでは、

豊かで明るい人生を実現する4ステップ

ステップ1:人生を縛るお金から自由になる
(金銭的自由)

ステップ2:時間的な余裕をつくる
(時間的自由)

ステップ3:心のストレスをなくす
(精神的自由)

ステップ4:元気に健康でありつづける
(身体的自由)

この4ステップの自由度を引き上げていき、
経済的に自立した、
豊かで明るい人生を実現させていく
具体的な話を発信しています。

無料なので、
興味がある人は是非登録してみてください。

私が年収億超えの師匠から学んだことや
ブログでは書けないことも
メルマガの中だけでお話しています。

メルマガはこちらから登録できます。

こちらもあわせて読んでみてください。

→会社をやめるか悩んでる人へ。私が年収430万円のブラック企業をやめた10の理由

→年収億超えの20代実業家と会って固定概念が吹っ飛んだ話

ツツジからあなたへ無料プレゼント

私は、
20代で年収『億』超えを果たした師匠から、
インターネットビジネスと
ウェブマーケティングを学びました。

現在は脱サラし、
子育てをしながらパソコン1台で
ブロガー兼マーケター、
トレーダーとして活動中です。

⇒ツツジのブラック企業時代から億超えの師匠と出会って成功するまでの物語とブログの理念はこちら

また、
情報整理とアウトプットを兼ねて
ブログにはちょっと書けない
ビジネスの裏話やお金を稼ぐ成功法則なんかも
無料メルマガを通して発信しています。

↓に読みやすい漫画も作ってみましたので、
もし良ければ観てみてください。

【下記の画像をクリックして、月収100万円を稼いだツツジの物語の続きを読む】


~メルマガで学べる内容~

✅ 月100万以上の収入が自動で発生する「仕組み化」の技術とは?

✅ 会社に縛られないライフスタイルを手にするために必要な考え方とは?

✅ 世の中にあるビジネスやマーケティングに共通した本質とは?

✅ 知識、経験、人脈…全てが「0」だったツツジの価値観をガラリと変えた、お金持ちしか持たない思考法とは?

✅ 面倒な人間関係が一切ない、お金も時間も自由な自立した人生を実現するための具体的な行動とは?

etc・・・

これら以外にも、ビジネスで役に立つ情報を
数多く発信しています。

また、
今ならメルマガに登録していただく事で、
以下もあわせて、
無料で受け取る事ができます。


→プレゼントその①
電子書籍『“仕組み化”のいろは ~資産となるコンテンツを組み合わせて自動収益を構築しよう~』


→プレゼントその②
電子書籍『How to デザイン』


今だけの期間限定で、無料プレゼント中です。

メールアドレスを入力すれば、
すぐに受け取れますので
お手にとって見ていただければと思います。

>>詳細はコチラをクリック<<

参考になった!と思った方は応援クリックをしていただくと嬉しいです。