はじめまして

このブログの管理人「ツツジ」と申します。

まずは、私のブログを、そしてプロフィールを見ていただき、ありがとうございます。

このブログは――――

「ネットビジネス初心者」が、

たった1年で月収30万以上を、

継続的に稼ぎ、

そして、それが

誰もが実現可能という事実を、

「ノウハウ」として発信している

ブログです。

このノウハウを知り、実践していけば、1年以内に毎月30万以上のお金があなたの銀行口座に自動的に振り込まれていくという、「確かな現実」を目にすることが出来ます。

このページでは「ツツジ」という人間と本ブログの運営方針、そして、具体的にどのような情報をあなたに提供出来るのか、ということについてお話させていただきます。

 

『ツツジ』という人間・・・・

『お金がないから・・・・』

これは、私が最も嫌いな言葉である。

小さな頃、オモチャ付きのお菓子が欲しくて両親にねだった時に言われた言葉。

中学の時、友人とカラオケに行きたかったが、『お金がないから』行けずに、恥ずかしい思いをした。

高校の時、私立の高校をひそかに狙っていたが、『お金がないから』、最初から諦めて公立に進学した。

大学の時、サークルや大学生活を満喫したかったが、『お金がないから』、大学生活の4年間、ずっとコンビニでアルバイトをしていた。

そのコンビニでも、時給が高い夜勤のシフトにばかり入り、楽しそうに大学のキャンパスライフを過ごす友人たちを尻目に、

「お前らはホント、幸せそうでいいよな・・・」

と思いつつ、毎日毎日、授業が終わってから早足で家に帰り、仮眠を取ってバイト先に向かう日々だった。

社会人になっても、『お金がないから』、毎日毎日、朝早くから夜遅く、会社の電気が消されるまで残業して働いていた。

当時、私はIT業界のサラリーマンだった。

ただし、ブラック企業のサラリーマンとして、だが。

サラリーマンとしての日々は、文字通り、まさに< 地 獄 >であった。

一般的なサラリーマンはひと月160時間程度の労働時間であるのに対し、私の労働時間は200時間を余裕で超え、多いときには300時間に迫る勢いであった。

しかも、周りは誰ひとりとして助けてくれない。助けようともしない。

「なんで私だけこんなに働かなきゃいけないんだよ!マジ死ねよ!」

と思ったことは、もう数え切れない。

上司や顧客からのパワハラで職場のフロアを転がされたり、新しく新人が入ったかと思ったら、わずか3日でいなくなり、気がついたら退職してるなんて当たり前。

昨日まで横で一緒に働いていた同僚が次の日にはいきなり別部署に異動される事も珍しくない。

さらには、よく分からない仕事が、次から次へと上司や顧客から押し付けられてきて、誰も細かい事情を把握していないまま業務が開始されているという惨状・・・。

そんな中、何度も何度も、めまいや頭痛、吐き気に襲われ、ふいに意識が飛んで、本当に目の前が真っ暗になることも、一度や二度ではなかった。

でも、

『お金がないから』働かなければならない。

その考えが自分を縛り上げ、徐々に心が蝕まれている事を感じながらも、一心不乱に働いた。

そんな社会人生活が10年間も続いた。

10年もそんな生き方を続けていると、もう立派な社畜の出来上がりである。

私も例に漏れず、その「社畜戦士」のひとりであったのだ。

 

バカと脱サラ

私は、どこにでもいる普通の人間だ。

特に優秀でもない。

むしろバカな部類だった。

しょうもないミスを何度も繰り返したり、物忘れが激しかったり、上司からの指示を「承知しました!」と元気よく答えて、5分後に、

「さっき頂いた指示って、どういうことでしたっけ?」

と聞きに行き、怒られるようなダメっぷりだった。

そんな人間だったので、言うまでもなく、コネも無ければ、人脈なんてある訳もない。

そしてモチロン、当時は知識や金もなかった。

この「無い無い尽くし」の私だったが、唯一持っていたものがあった。

それが、『ほんのわずかな“時間”』だった。

残業続きで死にそうになりながらも、家に帰り、布団になだれ込むまでの時間。

この「わずかな時間」が私に唯一残された、最後の自由であり、精神的な癒しでもあった。

この時だけは誰にも縛られず、自由に今の自分や将来の事、そしてお金について考える事の出来たのであった。

全ての人に平等に与えられた限りある、そして、お金で買うことが出来ない貴重な「時間」を、わずかずつだが10年も使い、その結果、ふと、あることに気が付いた。

バカだったせいで、尋常ではない時間が掛かったが、その「わずかな時間」の積み重ねにより、“気づけて”しまったのだ。

「あれ?なんで私、働いてるんだっけ?」

「お金を稼ぐ為に働いてる、それは間違いない。なぜならお金が無ければ、私も含め家族を路頭に迷わせてしまう。これだけは絶対に避けなければならない。私は妻と子供たちには絶対にお金で苦労をさせてたくないと思っているんだよ」

「お金は必要。でも、そもそも今の会社にいる意味ってあるのか?上司からのパワハラにあったり、無茶な仕事を押し付けられたり、死にそうになるまで働かされてるんだぞ?そんな事に耐えながら働く必要ってあるのか?」

「それは絶対にない。間違いなく」

「なら、今の仕事にこだわりがあって、離れたくないとか?」

「それも無い。明日にでも退職届を叩きつけられたら、どんなに清々しい事か!と思うくらいだ」

「つまり、今の会社にいる必要はないけど、生きるためのお金は欲しいという事」

「では、転職をすればよいのか?」

「いや、それも違う。正直言って、どんな会社に行っても状況は似たり寄ったりだ。つまり、どこに行っても会社という組織の歯車のひとつなんだ、サラリーマンって奴は。常に社長や取締役、株主が全て美味しいところを持っていって、私のような底辺サラリーマンは最低限の給料で生かさず殺さずに飼い慣らされる。つまり社畜だ。いや、もうブタなんだよ、立派なブタ。しかも10年モノのブタなんだ私は」

「でも、もうそんなのには、こりごりなんだよ。いい加減、飽き飽きなんだよ。私の身体も持たない」

「じゃあ、どうすればいいか?」

「・・・・見つけるしかない」

「誰にも縛られずに、さらにお金にも困らない方法を」

「そう、経済的に自由になる方法を探すしかない」

「そして、いつも私の人生を振り回し、狂わせてきた”お金”を、逆に振り回し、私自身は自由になるんだ」

そう気が付き、考えが至った次の瞬間から、私の社畜脱出のための脱サラ活動が始まったのである。

 

『どうしても経済的に自由になりたい』

「経済的に自由になる方法を探す」

この考えに至るまで、新卒から10年という歳月を要している。

この時点で、私がどれだけバカなのか見て取れると思うが、これには原因があった。

今だからこそ理解できたことだが、その時は、

「今まで働くことでしか、お金をもらえた経験がなかったため、<経済的自由>という考え方は宝くじ1等に当たるくらい非現実的な事」

だと思って、全く考えに入れていなかったからであった。

だからこそ、考えを改めるのに、非常に時間を使ったのである。

さて、話を戻そう。

経済的に自由になる方法を探すため、改めてしたこと。

それは、自分の現状の整理。

つまり今の年収をチェックしたのだ。

30代前半の平均年収と比べて自分の年収は・・・・。

約430万。

平均よりちょっと低いくらいだった。

ただし、全く安心はできなかった。

なぜなら、私は独り身ではない。

既婚者なのだ。更には子供が2人もいる。

しかも、2人いる子供は、両方共、発達障害という脳の障害を抱えていた。

上の子は注意力が散漫で、テンションの上がり下がりが激しく、特に自分のワガママが通らないと起こす「かんしゃく」が酷くて、一度「かんしゃく」を起こすと、完全に手が付けられなくなるほど暴れてしまう。

それは家の中でも、外でもお構いなし。

しかも、毎日毎日、同じことで「かんしゃく」を起こすので、常に周りから奇異の目で見られてしまう日々・・・。

また、下の子においては、言葉の成長が非常に遅く、3歳になっても通常の1歳の赤ん坊と同じレベルの言葉数しか発することが出来なくて、うまくコミュニケーションが取れず、下の子自身がその事に対して、イライラしてしまい、物を壊すといった破壊衝動を起こしてしまっている。

こんな状態であるがゆえに、妻は2人の子供を見るために、どうしても専業主婦となるしか選択肢がなく、共働きという手段を使うことが出来なくなってしまった。

さらに妻は、子供の世話の大変さが体力以外にも影響して、精神にも支障をきたし、育児ノイローゼやうつ病に近い症状となり、定期的に心理面と精神面の両方からカウンセリングを受ける必要がある状態となってしまっていた。

このような状況下だからこそ、感じたのだ。

『妻を、家族を助けたい。でも、そうなると誰も働けない・・・このままでは、いつか必ず破綻する』

と。

子供たちの発達障害という脳の障害は「治らない」為、将来的な医療費は膨大な金額になる。

だが、それ以前に、そもそも妻との共働きが出来ない時点で、収入よりも出費の方が多くなってしまい、完全に赤字なのだ。

毎月が火の車で、例えボーナスが出たとしても、貯め込むことなど出来ずにマイナス分を補填するだけで、まさに焼け石に水という状態であった。

宝くじでも当たらなければ、状況をひっくり返すことは出来ない。

だが、そのような非現実的な妄想に逃げる訳にはいかない。

であれば、どうするべきか。

①今までどおり、私が一人でずっと働いて稼ぎ続ける
②別の手段でお金を手に入れる

まず、①は先程お伝えした通り、「会社の歯車に戻る事を意味している」ため、選択肢として「有り得ない」と言える。

それに、そもそも①には無理がある。

私自身、今は身体が動くし、頭もバカなりに回るが、

「それが、いつまでも可能なのか?」

と自問すると、

「そんなのいつまでも続くわけがない。無理だ」

という答えに行き着くからだ。

当たり前だ。

私は人間であり、いつまでも身体が丈夫という訳ではないし、頭も回る訳ではない。

歳を取ればその分だけ、身体も衰え、頭の回転も遅くなる。

そんなことは誰だって分かる話だ。

つまり、①という選択肢は『確実に破滅する』ことが見えているのだ。

しかも、目的である「妻を、家族を助けること」が出来ない。

そんな未来がない選択肢に、私の家族を賭ける訳にはいかない。

そうなると、もう選択肢はひとつ。

②別の手段でお金を手に入れる

これだけだ。

この結論に至った段階で、私は腹をくくった。

 

『継続的に得られる収入源を探した先で・・・』

『一刻も早く、体力のある内に脱サラしなければならない』

『いつまでも、満員電車という棺桶に入っている訳にはいかない』

と思い、必死にインターネットで調べに調べ続けた。

私が持つ、ほんのわずかな自由な時間と睡眠時間を削って生み出した数時間で、睡魔と格闘しながら。

最初は「在宅」と「副業」をキーワードとして調べた。

その時は、多数のポイントサイトに登録して、無料の資料請求やクレジットカードの新規登録をし、その対価としてポイントが手に入る、というポイントシステムから始めてみた。

得られたポイントは、そのまま楽天ポイントやセブンイレブンなどのnanacoのポイントにする事が出来たので、結果がそのままお金に変わっていくのを感じられた。

これが意外と快感で、

「あれ?このポイントサイトって、結構がんばれば儲かるんじゃね?」

と思い、夢中でやった。

来る日も来る日も資料請求をし、時には商品のモニターをし、お得なポイントをゲットしていった。

・・・そんな日が1ヶ月も続いた頃に、更に気づいた。

「これって、結局、働いているのと同じだ・・・。しかもバイト代の方が儲かるし・・・」

そのことに気が付き、またインターネットという情報の海に飛び込んだ。

その後も、記事を書いて納品して稼げるクラウドソーシングをしたり、オークションの商品転売や自分のITのスキルを売るような販売系に挑戦したが、なかなかうまくいかず・・・。

さらに、調べれば調べるほど出てくる「儲かる」という最高に嘘くさい話。

そんな中、最終的に辿り着いたのが、「ネットビジネス」だった。

・・・・正直、当時の私の気持ちは、このプロフィールを読んでいるあなたと同じ。

「あー、ネットビジネスね?ちょっと胡散臭いな」

って。

そう言いたい気持ちは痛いほどよく分かる。

でも、「逆の立場になった今」なら、さらによく分かる。

「それは正しいネットビジネスを理解した上での発言ですか?」

いや、正確に言おう。

「それは正しいインターネットビジネスでの稼ぎの構造を理解した上での発言ですか?」

と。

ともあれ、当時の私もそんなことは理解していなかったのだが。

いずれにせよ、

「ネットビジネスは稼げる!」

という情報だけで十分飛びつく理由になったのだ。

それほど、もうワラにもすがる思いだったのである。

 

『独学と言う名の迷路の果てで、運命的な師匠との出会い』

それからの行動は早かった。

ネットビジネスでの収入は、現状の給料に近い金額を得られることを知り、

「これなら脱サラへの大きな一歩になる!」

と意気込み、どんな方法が良いかを必死に検索。

調査の結果、自分なりに独学で雑記ブログを立てた。今で言うところの「トレンドブログ」である。

トレンドブログにした理由としては、大学時代に短期間ではあるものの、ブログで面白いニュースをネットから掘り出してきて、紹介していた経験があったからだ。

だからこそ、日々の面白いことをブログで書いていこうと思い、トレンドブログを立てたのであった。

収入は画像リンクをクリックする事で報酬が得られるアフィリエイトとし、運営を開始した。

最初の一ヶ月は、ブログ記事にするネタに困ることはなかったが、二ヶ月、三ヶ月と経過するに従って、記事とするネタが徐々になくなり、次第に必死にキーワード選定を行うようになってしまっていた。

そして、そのキーワード選定だけでかなりの時間が使われてしまい、結局、記事を書く頃には疲れてしまっていたりもした。

そんな日々が続き、途中から気が付いたら自分自身も興味が沸かないような記事を書くようになってしまっていた。

当然、そのような記事は書いてても面白くなく、非常に辛かった。

そうして半年の間、そのトレンドブログを更新し続けたのであった。

だが、結果から言うと、

全ッ然、儲からなかった。

からっきし。

つまり、アフィリエイトの画像リンクが全然クリックされないのである。

そう。

当時、私はネットビジネスで全然稼げない人の1人だったのだ。

けど、腐らなかった。

家族を支える大黒柱として、

父親として、

男として、

人として、

決して諦めてはならない地点に立っていたからだ。

ポイントオブノーリターン。

もはや後戻りできない段階なのだ。

だから、さらに考えた。

「どうしたら、お金を稼ぐことが出来るのか?」

深く

より深く

バカなりに

きっと髪の毛が数本も白髪になったであろう。

そして考え抜きながらも、動いた。

インターネットをさらに、深く、とにかく検索しまくり、必要そうな情報、役に立ちそうな情報を片っ端から手に入れ、時には、「これは!」という情報商品を購入し、実践してみたりもした。

そうして、辿り着いたのだ。

現師匠となる、年収「億」超えの「あの人」のブログに。

 

『年収「億」超えの師匠が魅せるネットビジネスの可能性』

師匠のブログは一見、スマートかつオシャレなブログで変なところは全くなかった。

だからこそ、気付きにくかったのだ。

中身が、完全に別次元だった事に。

『量』は必要最低限の記事数でありながらも、その中でネットビジネスの考え方から実際の稼ぎ方、記事の書き方、人間の心理や行動学まで具体的にブログの記事に落とし込んでいた。

『質』も「これを書かれてしまったら、他のブログは勝ち目がない」というレベルの有料クラスの情報を惜しげもなく発信しており、実際に紹介されている手法を取り入れて、数多くの成功者を輩出している。

『深さ』に関してもそうだ。
ブログの記事一つ取ってしても、数万もの文字で語られており、しかも読み始めたら止まらない。
マウスのクリックとスクロールが止まらないのだ。
まさに時間を忘れ、「むさぼるように」読んでしまい気が付いたら、翌朝になっていることすらあった。

これら3点はどれを取っても、他のブログと比較するのもおこがましいくらい凄まじい衝撃を私に与えた。

そして、その師匠の記事やメルマガに触れていくに連れ、今まで学んできたことがどれだけ浅く、本質を突いていないものかという事実を、稲妻のごとく突きつけられた。

またそれと同時に理解した内容がどんどん紐づいていくのを感じた。

言うならば、今まで学んできたことの一つ一つが「点」であったのに対し、師匠のブログ記事によって、独立した「点」と「点」が結びつき、線となり、形を為すようであったのだ。

それはさながら、夜空に浮かぶ星座のように。

その星座の前では、

「お金持ちになるのは無理」

とか

「ネットビジネスは稼げない」

といった低次元の問題は存在しておらず、「やればやっただけの継続的な報酬となる」という、厳然たる事実だけが存在していた。

そんなある時、「億」超えの師匠のメルマガに「ある募集」が掲載された。

そう、師匠のコンサルティング募集だった。

私は全く迷わなかった。

募集が開始されて時間にして、わずか7分。

師匠のコンサルティングが受理されるまでに掛かった時間である。

そして今、その師匠の元、正しいネットビジネスでの稼ぎの構造を根本から学び直した私が、ここにいる。

その結果、私の状況は劇的に一変した。

 

『経済的自由を得て、さっさと脱サラし、自由な自分だけの時間がほしい』

そう思わない人はいないでしょう。

そして、このブログを見ている時点で、あなたは「お金に関しての悩み」を持っていますよね。

それは、恥ずべきことではありません。

むしろ当然の事です。

この世に生きている大多数の方々はその悩みを抱えていながらも、

「どうしようもない」

「変えられない」

と決め付け、諦めてしまっています。

その結果が、「今」です。

つまり、『会社によって生かされている』ような状態です。

毎日毎日、眠い目をこすりながら朝早くに起き、周りと同じような没個性のスーツを身にまとい、家を出る。

ぎゅうぎゅうの満員電車に「モノ」と同レベルの扱いで詰め込まれ、脂ぎったオッサンの湿った腕に触れてしまったり、酒臭いオヤジの息を浴びて、最低の気持ちになりながら、行きたくもない会社に向かうという現実。

着いたら着いたで聞きたくもない上司の小言を朝っぱらから聞き、その上司からの指示は抽象極まりない内容で意味不明・・・。

詳細を聞くと、キレながら社内の承認を得る為だけに必要な、昔の慣習をそのまま続けている「無駄」としか言えない資料作成の数々。

待ちに待った昼食の時間は5分も無く、食事中でも掛かってくる電話はいつも顧客のクレームと契約範囲外の無茶振りばかり。

そして上から指示されれば、否応無しで休日出勤も当たり前。

加えてプライベートの時間でも掛かってくる上司からの電話・・・。

帰りはいつも自分が最後。誰も居ない明かりが消えたオフィスを後にし、死んだ魚のような目をした人々がひしめく終電に乗り込み家に帰る。

この苦しみに耐え抜いて到達する、給料日。

通帳に記載された

「ひと月生きるだけで無くなってしまう給料」

その黒い数字を見て、生きる希望を失い、深い溜息が出る。

その繰り返し。

・・・・・・・。

・・・。

・。

本当に、もう、全くもって、

クソな生き方ですよね。

心の底からそう思います。

でも、同時にそれは、

「確実に解消される悩み」なのです。

・・・・・信じられないでしょ?

ですが、断言できます。

その悩みは「解消可能な悩み」です。

・・・・といっても当然、

「そんなこと、出来るわけ無いじゃん」

とか

「調子いいことばっかり言うなよ」

と思うでしょう。

そう、「今」は。

最初はそれで良いです。

簡単に騙されたりしない、正しい情報を見抜く目を養うこと。

それは非常に大事なことです。

ですが、その正しい情報を見抜く目も、

「なんとなく信じられないから」

「どうせ他の詐欺サイトと同じでウソだろ?」

といった、「あなた自身の先入観だけ」で判断してしまっては、その目は曇ってしまいます。

それでは意味がありません。

それはつまり、正しい情報も、間違った情報も、同じようにシャットアウトしてしまう事を意味しているからです。

あなたは、インターネットという十億を超える膨大な数のサイトやブログの中から、私のブログに辿り着きました。

これは一種の『奇跡』です。

しかも、この『奇跡の出会い』はあなたの人生を変える可能性を秘めています。

ただし、人生を変えられるかは、あなた次第です。

その目を見開いて、私の情報が、あなたにとって有益か、それとも無益か。

それを判断してみてください。

あなたが、『経済的な自由を得たいと切に願う』のであれば、

その願いは、この私のブログと真摯に、誠実に向き合うことで確実に「現実」となるのですから。

 

このブログは・・・・

最初に伝えておきますが、このブログは慈善事業ではありません。

故に、行動するのは「あなた自身」です。

ですが、本気で行動するのであれば、私もその「チカラ」になりたい、と思っています。

特に、昔の私と同じく『金銭的、精神的で悩んでいる人』に対しては・・・。

このブログでは、ネットビジネス初心者が、”1年”で月収30万以上を「継続的」に稼ぐことが出来る、しかも、高い再現性を持つ具体的なノウハウを伝授していきます。

再現性というのは、“誰にでも出来る”ということです。

ただし、「楽に稼げる」と言う訳ではありません。

1日1クリックで30万とか。

そんな私みたいなバカでも分かるウソは言いません。

極めて現実的な方法です。

簡単に言うと、ネットビジネスでの正しい稼ぎ方を学び、それに従って、ブログを更新していくだけ。

本当にこれだけ。

私ですら分かるし、実行できたのです。

普通に仕事をしている人だったり、相手の気持ちをちゃんと理解できるような人であれば全く問題なく理解できる内容だと断言できます。

あとは「やるか」、「やらないか」

たったそれだけのことです。

そして、やればやるだけ、あなたの銀行口座に「収入」として跳ね返ってきます。

その段階まで到達すれば、今まで諦めていた、あなたの夢に手が届くことはモチロン、金銭的、精神的な悩みは、雪解け水のようにサラサラと消えていくでしょう。

この「金銭的、精神的な悩みからの解放」を提供するのが、このブログを開設した大きな理由の一つです。

私も師匠のブログと運命的な出会いをした事によって助けられ、経済的な自由を手に入れました。

それと同じことを、私と同じような苦しみを味わっている、あなたにしてあげたいと考えているのです。

でも、これだけ聞くと、

「偽善的だ」

とか、

「そんなうまい話なら身内でやればいいじゃん」

と思うでしょう。

私も最初はそう思って、親しい友人にネットビジネスを教えたのですが、私のような「成功者」が近くにいることで安心してしまい、どうしても「甘え」が出てしまうのです・・・。

つまり、「本気さ」が足りない。

それでは駄目なのです。

だからこそ、少々危険性があるものの、このようなブログという形で、他人である「あなた」に情報発信することに決めました。

そして、私と同じような苦しみを味わっている、あなたの手助けをするのと同時に、もうひとつ、このような有益な情報を他人である「あなた」に発信していく狙いがあります。

それは、「仲間を増やしたいから」、です。

つまり、「本気で“今“を変えたい」という強い意志をもった人(あなた)と繋がりたいと考えてるのです。

ネットビジネスも結局の所、人ひとりでは限界があります。
(といっても、生きていく分には全く困らないのですが)

だからこそ、仲間を集い、チームや組織を組むことで、無駄を省き、効率化を高め、より多くの利益を生み出せるようにしていきたいと思っているのです。

それこそ、寝ている間に売上げが上がっているなんて当たり前の世界です。

ただし、全ての人が仲間になれるわけではありません。

仲間になってほしいのは、「本気で取り組める人」ですので。

故に、行動するのは「あなた自身」です、と最初にお伝えしたのです。

モチロン、この仲間になるのは、強制でも何でもありません。

ご自分の生活のためだけに稼ぐというのであれば、それも結構だと思います。

ですが、「そういったチャンスがある」ということだけは知っておいてくださいね。

そして、再度、あなたに問いましょう。

「今を変えたい」と思うのであれば、ネットビジネスをやらない理由がどこにあるのでしょうか?

なお、これはネットビジネスで稼ぐ「入り口」でしかありません。

つまり・・・、

「その先」があるのです。

「入り口」の時点で「月収30万以上を継続的に稼ぐことが出来る」という事実。

その先は、

月収7桁の世界。

そしてさらに、私の師匠の世界である「8桁以上の世界」があるのです。

見たくありませんか?

「その先」の世界というものを。

 

『一生涯、時代を問わず使い続けることの出来る技術を学ぶ』

私が師匠から学び、実践してきたことは、決して難しいことではありません。

まさに、「やる気さえあれば、誰でも成功できる」モノです。

しかも、これは「時代を問わず一生使い続ける事ができる技術」です。

例えるなら、自転車に乗るのと一緒です。

あなたも自転車に乗れますよね?

一度、自転車に乗れるようになったら、

何歳になっても乗れるし、何年も乗ってなくても、自然と自転車に乗れる。

これと全く同じ事なのです。

難しい事ではありません。

そして、

「やる気さえあれば、誰でも成功でき、時代を問わず一生使い続ける事ができる技術」

を身に付けるための情報をブログではお伝えしていきます。

また、それ以上に深い話や具体的なノウハウについては、私が発信するメールマガジンの方で段階的に、ステップバイステップで発信していきます。

ブログでもモチロン、分かりやすくご説明いたしますが、メルマガの方が、より私との考えにズレがなく効率的に学べ、「1」から・・・いや、「0」からでも安心して、ネットビジネスのスタートを切ることが可能となります。

また、このメルマガを登録してくださった方限定で、特別なご案内や知っておくと便利な情報を詰め込んだ特典のプレゼント、そして特別企画への参加募集なども検討しています。

登録は無料ですが、情報の質の高さは有料レベルだと自負しておりますので、ぜひ、ご登録してみてくださいね。

↓ ↓ ↓

最後に

あなたの悩みが「お金」で解決できるのであれば、それは実は解決可能な問題なのです。

このブログは、その事を証明する為に存在しています。

少なくとも、このブログを見てくれたあなたには。

インターネットにある数多のサイトやブログの中から、

このブログに辿り着いたこの『奇跡』は、

あなたの人生にとって、『最初で最後の奇跡』となるかもしれません。

あらためて言いましょう。

この『奇跡の出会い』は、あなたの人生を変える可能性を秘めています。

ただし、その人生を変えられるかは、「あなた次第」です。

このブログは、そんな

「未来を変えようと行動するあなた」

を応援し、支え、導いていく。

その役割を持つブログなのですから。

あなたの本気が未来を変える原動力となることを心から期待しています。

ツツジ

全記事一覧