ツツジツツジ

ツツジです。
今回の内容はこちら。

この記事で学べることは何?
  1. 仮想通貨(ビットコイン)は本当に稼げるのか、その実情を知れます
  2. 何故スキャルピングで仮想通貨(ビットコイン)を推奨するのか、その理由を学べます
今日もありがとうございます。

うんざり

ぶっちゃけ、仮想通貨って怪しい。目に見えないし、よくわかんないし・・

・・そう思う方、結構いますよね。

過去の私もそうだったので、その気持ちは痛いほどよく分かります。

人って、理解できないものに対してはどうしても「怪しい」と思ってしまうものですからね。

私自身も最初は「ちょっと怪しい」と思いながらも、その可能性を信じてトレードを学び始めた一人でした。

特に最初なんかは、

ツツジツツジ

これどういうこと?よく分かんないなぁ・・そもそも単語が意味不明だし・・

ということもしばしばでした。
(そう思ったからこそ、このブログの投資系記事を書き始めた訳なんですけどね)

ですが、そういった方の中にも、

トレード初心者の方

怪しい・・けど、稼げるなら知りたい。実際どうなんだろ?

という方も実際かなりいるのではないかと思っています。

「仮想通貨は怪しい」

と思ったまま考えることを放棄して忘れてしまい、後になって、

「実は仮想通貨は、まだまだ稼げるモノでした。でも、もう遅いです」

なんて事になったら、悔しいですからね。

今回はそんな、

「損はしたくないけど、情報は欲しい」

と言う方向けのお話です。

私も現役バリバリ(言い回しが古い)のトレーダーなので、生の声としては多少なりとも信憑性があると思います。

ではいってみましょう。

本当に仮想通貨(ビットコイン)のスキャルピングは稼げるのか?

さっそく結論を言ってしまうと・・・

結論

仮想通貨(ビットコイン)のスキャルピングは、全然稼げます。

ひいき目やポジショントークとか抜きで、です。

というか、以前にも同じことをお伝えしていますね。

しかも実績付きで。

スキャルピングとは?忙しい方こそ知るべき超短期のトレード手法【実績付き】

それはさておき。

そもそもスキャルピング“トレード”な訳ですから、やってる事としては“取引”なのです。

そして、利益の出ない“取引”なんてありません。

あとは、

「どの様にして利益を出していくか」

これだけです。

仮想通貨でのスキャルピングトレードは、この「利益を上手く出す手法」を巧みに行なっている方が富を得ているという図式なのです。

この「利益を上手く出す手法」の一つに、私が日頃お伝えしている『トレードルールの徹底』も含まれています。

逆に、何も考えずに、常に相場の流れの後手に回ってしまうようなトレードの仕方をしているのであれば、今、そしてこれから先も「稼いでいくのは難しい」と言えます。

ですが残念なことに、仮想通貨のスキャルピングで勝てていない方の大多数が、相場の流れの後手に回ってしまっているような状況で、上手く利益を出せていません。

だからこそ、世間では、

「仮想通貨のトレードは難しい」

「仮想通貨は胡散臭いし、怪しいから止めとこう」

というイメージがどうしてもこびりついてしまうのです。

これはモチロン、詐欺的な自動売買ツールやコンサル、セミナー、情報商材が溢れまくっているのも大きな原因の一つだと言えますね。
(逆に言うと、本当の良い商材やサービスを手に入れると文字通り『敵なし』なんですけど)

つまりは、
スキャルピングをはじめとした「トレードの基本」となるルールが無く、毎回違うルールでトレードをしたり、仮説を立てずにトレードをして、毎回予測の出来ない神頼みみたいなトレードになってしまったりするのは、全くもって「利益を上手く出す手法ではない」ということです。

 

さて。

まとめると・・

事実として、仮想通貨(ビットコイン)でのスキャルピングトレードは確かに稼げますが、安易に手を出すと火傷しますよ

と言うことですね。

もし、火傷をしないで仮想通貨(ビットコイン)トレードに挑戦してみたいのであれば、私のブログのような所から情報を得ても良いですし、実際にトレードをしている方のツイッターをのぞいて見ても効果的かと思います。

投資経験「0」でも負けない「億」を狙える超実践的なトレード手法

いずれにせよ、投資は様々な情報を収集してから、ご自身で総合的に判断すべき事なので、しっかりと検討した上で行動していきましょう。

 

・・ちなみに。

私なんかだと、少しでも稼げるチャンスがあるなら飛び込んじゃう派ですねw

極端な話、最悪お金は働けば稼げますが、

『本当に価値のある知識・情報はタイミングやその出会いがなければ、普通に生きているだけだとまず手に入りません』

からね。

そういう機会があるなら、挑戦したほうが人は大きく成長するので。

・・っと、蛇足でしたね。

こういった「成功の思考法」はまた別の機会にお話しましょう。

スキャルピングをするなら仮想通貨、特にビットコインを推奨する理由とは?

あなたがもし、初めて仮想通貨でスキャルピングトレードをするのであれば

「ビットコイン一択」と言えます。

これは他の仮想通貨であるリップルやイーサリアムがダメという訳ではありません。

ビットコインが「仮想通貨の中で価値が最も安定しているから」です。

これはつまり、広く世界的に認められている通貨ということでもあります。

この点も含め「ビットコイン」をスキャルピングに使うメリット・デメリットを挙げてみました。

それがこちら。

スキャルピングをするなら仮想通貨(ビットコイン)とすべきそのメリット

①ビットコインは資産として今後も価値が向上していくと予想される
 (世間的にまだまだ広まっていないからチャンス)
②ビットコインでのスキャルピングは少額からでも始められる
 (100円でもトレードが可能で経験を積める)

③あなたの資産を分散投資させることが出来る
 (現金や株と同じで資産のリスク回避を行える)

④24時間365日、いつでも取引が可能
 (ネットさえあればいつでも取引できます)

⑤ビットコインは仮想通貨としての確固たる地位を築いており、そう安々と価値を失ったりしない

スキャルピングをするのに仮想通貨(ビットコイン)を用いた場合のデメリット

①ビットコイン自身の価格の乱高下が激しい
(スキャルピング的には逆にメリットとも言える)

②国による価値の担保がない
(国が発行している通貨ではない為、価値が0になると資産価値も0になる)

③ハッキングのリスクがある
(高セキュリティな企業が運営する取引所を使いましょう)

上記以外の細かいメリット、デメリットについては以下の記事でも記載しています。

仮想通貨(ビットコイン)が怖い?ちゃんと知ろう!メリットとデメリット

中でも、ビットコインを強く勧める最も大きな理由は、

「ビットコインの価値が今後0になることはほぼない」と判断しているからです。

ビットコインは仮想通貨全体をリードしている代表的な通貨であり、ビットコインで物やサービスが買えるという店舗も世界的に増加してきています。

つまり、「仮想通貨と現実との紐付け」が徐々に可能になってきているという状況にあるのです。

こういった情勢の中で「ビットコインの価値が0になる」と考える方が難しいです。

 

また、仮想通貨ゆえに、相場が乱高下(デメリット①)しますが、それが返ってスキャルピングをする上で「利益を生みやすい状況を作り出している」とも言えます。

そもそもスキャルピングはその手法上、相場が高過ぎたり、安過ぎたりする程、その“出すぎた部分”が利益になるので、結果として稼ぎやすくなる訳ですしね。

ただし、通貨としての価値がある一定以上ないと、異常に上昇したり、下がったまま上がってこなかったりするので、通貨によって注意が必要となりますが(汗

まとめ

では、今回の記事をまとめてみましょう。

今回の記事まとめ
  1. 仮想通貨は一見怪しいが、トレードを学び、理解していけばいくほど「稼げる」と分かってくる
  2. 仮想通貨でのスキャルピングは、「利益を上手く出す手法」を巧みに行なっている方が富を得ている
  3. 何も考えずに相場に流されて後手に回ってしまうようなトレードだと、いつまで経っても稼いでいくのは難しい
  4. ビットコインのトレードに挑戦したいのであれば、経験者のブログやツイッターをのぞいて見るのが効果的
  5. スキャルピングをするなら仮想通貨(ビットコイン)とすべきそのメリット
    ①資産価値の向上が予想される
    ②ビットコインでのスキャルピングは少額からでも可能
    ③資産を分散投資させることが可能
    ④24時間365日、いつでも取引が可能
    ⑤ビットコインは仮想通貨としての確固たる地位を築いており、そう安々と価値を失ったりしない
  6. スキャルピングをするのに仮想通貨(ビットコイン)を用いた場合のデメリット
    ①ビットコインの価格の乱高下が激しい
    ②国による価値の担保がない
    ③ハッキングのリスクがある
  7. ビットコインを推奨する最も大きな理由は「ビットコインの価値が今後0になることはほぼない」と判断しているから
仮想通貨と言えばビットコイン!
ツツジツツジ

今回も最後までお読み頂き、ありがとうございました。
不明点や気になったことは何でもお問い合わせくださいね。
では、また次回に。
ツツジ

人気記事 投資経験「0」でも負けない「億」を狙える超実践的なトレード手法

▶ 全記事一覧
 管理人プロフィール