ロットとは?仮想通貨トレードで意識すべきナンピンコントロール

④手持ち資金とレバレッジを掛けた総資金を割り出し、その総資金の半分を10分割します(ロットの分割ですね)

手持ち資金が10万円だと仮定して、レバレッジ4倍とすると、総資金は40万円。

その半分なので、20万円。この20万円を10分割します。

つまり、2万円が10個分と言うことですね。

 

⑤その分割した資金を「エントリー価格から損切する金額までの間にバランスよく配分」していきます。

この【2万円x10個】を「エントリー価格から損切する金額までの間にバランスよく配分」していくわけです。

 

仮に、ロング目線でエントリーしたとして、エントリー価格を100万円とすると、損切りする金額は98万円(2%)を下回った時です。

 

この差額の2万円の中で、【2万円x10個】を入れていきます。

こんな感じですね。

 【価格】:配分されたナンピン額

1,000,000:2万円:エントリー・・・①

998,000:2万円・・・②

996,000:2万円・・・③

994,000:2万円・・・④

992,000:2万円・・・⑤

990,000:2万円・・・⑥

988,000:2万円・・・⑦

986,000:2万円・・・⑧

984,000:2万円・・・⑨

982,000:2万円・・・⑩

980,000:損切り実施(2%)

ロットという意味では、

0.02ロット=0.02ビットコイン(BTC)= 100万円 x0.02 = 2万円

となります。

 

かなり小さめなロットに見えますが、これくらいのロットでも別におかしいことは何もありません。

 

⑥残っている総資金の半分については、残しておくか、キリの良い金額時(1万とか5千とか)に適宜、追加していきます。また、後半の追加になればなるほど、金額を手厚くしていきます。

残っている総資金の半分は20万円。

 

残しておいてもいいですがナンピンの性質上、キリの良い金額である99万円の時に厚く、そして後半部分も熱くしていきます。

こんな感じですね。

 【価格】:配分されたナンピン額

1,000,000:2万円:エントリー・・・①:0.02ロット

998,000:2万円・・・② ⇒  :0.02ロット

996,000:2万円・・・③ ⇒  :0.02ロット

994,000:2万円・・・④ ⇒  :0.02ロット

992,000:2万円・・・⑤ ⇒  :0.02ロット

990,000:2万円・・・⑥+4万円:0.06ロット

988,000:2万円・・・⑦+2万円:0.04ロット

986,000:2万円・・・⑧+2万円:0.04ロット

984,000:2万円・・・⑨+4万円:0.06ロット

982,000:2万円・・・⑩+8万円:0.10ロット

980,000:損切り実施(2%)

このような形でナンピンしていくと良いですね。

 

ここまでいくと、98万円で損切りを実施する時点での平均取得単価(※)が98万5千円くらいまで下がっています。

 

この段階で、損切りする前にうまく相場がリバウンドしたら、高い確率で利益を確保することが可能となります。

※平均取得単価とは、上記であればロング目線で40万円分のビットコインを購入した際の、平均額となります。

分かりやすく言うと、同じお菓子を100円で1こ買うと、100円ですよね。

別の場所で同じお菓子を50円で1個買うと、そのお菓子は2個になります。

1個あたりの平均は(100+50)÷2なので、75円となります。

これが超簡単に言う、平均取得単価です。

まとめ

では、今回の記事をまとめてみましょう。

まとめ

・「ロット(Lot)」とはFXや仮想通貨における「数量の単位」を示した言葉です。

ロットの使い方としては、1ロット、2ロット、5ロット、10ロットといった風にカウントするのが一般的です。

仮想通貨やFXであれば、1ロットをさらに細かく分割した、0.1ロット、0.25ロット、0.5ロット、0.75ロットといった形で表現することも多いです。

 

・ロットの計算方法としては以下のような形で計算することが出来ます。

1ロット=1ビットコイン(BTC)= 100万円

5ロット=5ビットコイン(BTC)= 100万円 x5 = 500万円

0.5ロット=0.5ビットコイン(BTC)= 100万円 x0.5 = 50万円

 

・レバレッジを用いたロットとナンピンコントロール

①損切りをするラインを明確にしておく(資金に対して2%以上の変動があった場合は即時、損切りを行なう)

②エントリー価格から損切する金額までの差額を明確にしておく

③レバレッジを設定しておく(日本を想定してレバレッジは4倍とします)

④手持ち資金とレバレッジを掛けた総資金を割り出し、その総資金の半分を10分割します(ロットの分割ですね)

⑤その分割した資金を「エントリー価格から損切する金額までの間にバランスよく配分」していきます。

⑥残っている総資金の半分については、残しておくか、キリの良い金額時(1万とか5千とか)に適宜、追加していきます。また、後半の追加になればなるほど、金額を手厚くしていきます。

 

上記の内容を理解して、うまくロットとナンピンを使っていけば、比較的に利益は出やすいです。

ですが、そもそもの損切の金額設定やエントリータイミングを間違えては、稼げるものも稼げません。

この辺りもしっかりと勉強していきましょうね。

 


ちなみに今回のように投資やトレードに関する
「考え方」や「やり方」は
ネット上でも学べるし、
手に入れることができます。

 

ですが、投資をするのであればもう一つ
大きなハードルを超える必要があるんです。

 

それが、資金の問題

 

特に最初の原資(元本・種銭)に関しては
必ず自分で用意する必要があります。

 

これがネックになってどうしても
投資に対して及び腰になっちゃう人が
あとを絶ちません。

 

でも、それって普通の感覚だと思うんです。

 

だって、はじめての投資で
10万円以上の大きなお金を動かすのって
正直怖いじゃないですか。

 

そもそもはじめてなんだから
上手くいくかも分からないですからね。

 

でも、その

「自分のお金を失うかも」

という不安を無くす方法があるんです。

 

それが

「ゼロから原資(種銭)を作る方法」

です。

 

その方法についてこちらで話してみました。

→ 投資の原資(元本)はどう用意する?ゼロから生み出す“種銭”創出術

 

もし、あなたが手持ちのお金を使わずに

「投資やトレードを行いたい!」

というのであれば、
最初の一歩として知っておくと
かなり精神的に助かると思いますので
よければ、見てみてくださいね。

[無料プレゼント]わずか3ヶ月で月10万の副収入を生む、自走化された設計図

コツコツ毎日ブログの更新をしてるのに

「ぜんぜん稼げない・・・」

そう嘆くのは、もうやめにしませんか?

 

私は会社員の時に

  • 法人15社以上のプロジェクト担当
  • 3年以上にわたる実績
  • 年間1億1千万円の売上を継続達成

これらを

“広告不要の収益ロジック”

で実現してきました。

 

そのロジックから

わずか3ヶ月で作り出せる月収10万円の
自走化された収益基盤
を作り出す

アドセンスに依存しない
自走式マネタイズ手法

を構築しました。

 

おかげで今では
不安定なアドセンスから卒業して


安定した定期収入を自分の手で作り上げ、
余った時間で趣味や家族との時間を増やせています。

 

アドセンス収入の有無にヤキモキしたり
日々のブログ更新に悩まされるがなくなって
時間はもちろん心にも、かなりの余裕ができました。

 

今回はその、

アドセンスに依存しない
自走式マネタイズ手法

無料でプレゼントしたい

と思います。

 

では具体的に
どのようなことが学べるのかというと。。。

大きく分けてこれら9項目となります。

さらにその後にも続々と
無料プレゼントをご用意しておりますので、
ぜひこの機会に受け取ってみてください。

 

そしてあなたも、

わずか3ヶ月で作り出せる
“月収10万円の自走化された収益基盤”で

コツコツブログ更新から卒業して
たった13記事で収益が発生し続ける日々を
いっしょに体感してみませんか?

 

こちらをクリックして
詳細をチェックしてみてくださいね^^

↓  ↓  ↓