ツツジツツジ

ツツジです。
今回の記事で学べる内容はこちらとなります。

・仮想通貨における「ロット」の意味を把握できるようになります。

・ロットを意識した「ナンピンのコントロール」方法を理解することが出来ます。

では、どうぞ。

ビットコインを始めとした仮想通貨でトレードを行う場合、エントリーするタイミングも重要なのですが、それと同じくらい重要なことがあります。

それは「どれくらいの量」を売買するのか、という点です。

エントリータイミングが分かっても、

「どれくらいの数量を買うべきか、または売るべきか」

という事を事前にわかっていないと、そこで悩む時間が発生してしまいます。

その時間のロスにより、絶好のエントリータイミングを自ら手放してしまう・・・という残念な結果に繋がってしまう可能性があるのです。

ゆえに、「どれくらいの量」ということについては、事前にしっかりと把握しておく必要があるのです。

 

ということで、今回は「仮想通貨における“量”、つまりロットの考え方」を中心にお話していきたいと思います。

では、はじめていきましょう。

 

「ロット(Lot)」とは

「ロット(Lot)」とは、FXや仮想通貨における「数量の単位」を示した言葉です。

考え方で言えば、工場とかでも使われる“12個入りの「ダース」”といった「数量の単位」と同じと考えて問題ありません。

ですが、「ダース」そのものとは少々異なりますので、混同しないように注意しておきましょう。

 

ロットの使い方としては、1ロット、2ロット、5ロット、10ロットといった風にカウントするのが一般的です。

仮想通貨やFXであれば、1ロットをさらに細かく分割した、0.1ロット、0.25ロット、0.5ロット、0.75ロットといった形で表現することもあります。

では、ロットの計算方法について具体的に見ていきましょう。

 

ロットの計算方法

例えば、わかりやすい例としてビットコインを使うと、

1ロット=1ビットコイン(BTC)

という考え方です。

2019年0625日現在の1ビットコイン(BTC)の価格は約94万円なので、わかりやすく、100万円としましょう。

つまり、

1ロット=1ビットコイン(BTC)= 100万円

ということですね。

2ロット、5ロット、10ロットとなると、これを単純に掛け算していけばよいのです。

 2ロット=  2ビットコイン(BTC)= 100万円 x2   = 200万円

5ロット=  5ビットコイン(BTC)= 100万円 x5   = 500万円

10ロット=10ビットコイン(BTC)= 100万円 x10 = 1000万円

といった感じですね。

これは細かく分割した場合も同じです。

0.1ロット  =0.1ビットコイン(BTC)  = 100万円 x0.1   = 10万円

0.25ロット=0.25ビットコイン(BTC)= 100万円 x0.25 = 25万円

0.5ロット  =0.5ビットコイン(BTC)  = 100万円 x0.5   = 50万円

0.75ロット=0.75ビットコイン(BTC)= 100万円 x0.75 = 75万円

このように変換できるわけです。

パっと暗算するのが苦手な方は、エクセルなどで計算式を作っておくと楽チンです。

そこまで難しく考えずに、「ざっくりこれくらいかな?」というのを把握できるようであれば良いと思います。

 

レバレッジを用いたロットとナンピンコントロール

bitFlyer(ビットフライヤー)を中心とした日本の仮想通貨取引所では、レバレッジが最大4倍となりました。

そのため、あなたの資金の4倍までが日本における最大資金となります。

私が推奨するBitMEXは海外の取引所なので、最大で手持ち資金の100倍までのレバレッジが可能です。

流石にそこまでのレバレッジはリスクが高いのでやりませんが、状況次第では10倍程度までは普通にレバレッジを掛けていきます。

そういった時、どのようにしてロットをコントロールしていくか、これが問題ですよね。

その点についてお話していきましょう。

 

重要なのは以下の点です。

ロット管理とナンピンコントロール

①損切りをするラインを明確にしておく(資金に対して2%以上の変動があった場合は即時、損切りを行なう)

②エントリー価格から損切する金額までの差額を明確にしておく

③レバレッジを設定しておく(日本を想定してレバレッジは4倍とします)

④手持ち資金とレバレッジを掛けた総資金を割り出し、その総資金の半分を10分割します(ロットの分割ですね)

⑤その分割した資金を「エントリー価格から損切する金額までの間にバランスよく配分」していきます。

⑥残っている総資金の半分については、残しておくか、キリの良い金額時(1万とか5千とか)に適宜、追加していきます。

 また、後半の追加になればなるほど、金額を手厚くしていきます。

上記のような手法を一般的には「ナンピン」というのですが、これをきちんと理解して行なうと、非常に効果的に利益を生むことが出来ます。

モチロン、『下手なナンピン、スカンピン』とよく言われるように、何も考えずにナンピンをしていったら確実に破滅しますのでご注意ください(苦笑

 

今回紹介した「ロット」が関わってくるのは、④、⑤、⑥ですね。

この部分を中心にお伝えしましょう。

 

④手持ち資金とレバレッジを掛けた総資金を割り出し、その総資金の半分を10分割します(ロットの分割ですね)

手持ち資金が10万円だと仮定して、レバレッジ4倍とすると、総資金は40万円。

その半分なので、20万円。この20万円を10分割します。

つまり、2万円が10個分と言うことですね。

 

⑤その分割した資金を「エントリー価格から損切する金額までの間にバランスよく配分」していきます。

この【2万円x10個】を「エントリー価格から損切する金額までの間にバランスよく配分」していくわけです。

仮に、ロング目線でエントリーしたとして、エントリー価格を100万円とすると、損切りする金額は98万円(2%)を下回った時です。

この差額の2万円の中で、【2万円x10個】を入れていきます。

こんな感じですね。

 【価格】:配分されたナンピン額

1,000,000:2万円:エントリー・・・①

998,000:2万円・・・②

996,000:2万円・・・③

994,000:2万円・・・④

992,000:2万円・・・⑤

990,000:2万円・・・⑥

988,000:2万円・・・⑦

986,000:2万円・・・⑧

984,000:2万円・・・⑨

982,000:2万円・・・⑩

980,000:損切り実施(2%)

ロットという意味では、

0.02ロット=0.02ビットコイン(BTC)= 100万円 x0.02 = 2万円

となります。

かなり小さめなロットに見えますが、これくらいのロットでも別におかしいことは何もありません。

 

⑥残っている総資金の半分については、残しておくか、キリの良い金額時(1万とか5千とか)に適宜、追加していきます。また、後半の追加になればなるほど、金額を手厚くしていきます。

残っている総資金の半分は20万円。

残しておいてもいいですが、ナンピンの性質上、キリの良い金額である99万円の時に厚く、そして後半部分も熱くしていきます。

こんな感じですね。

 【価格】:配分されたナンピン額

1,000,000:2万円:エントリー・・・①:0.02ロット

998,000:2万円・・・② ⇒  :0.02ロット

996,000:2万円・・・③ ⇒  :0.02ロット

994,000:2万円・・・④ ⇒  :0.02ロット

992,000:2万円・・・⑤ ⇒  :0.02ロット

990,000:2万円・・・⑥+4万円:0.06ロット

988,000:2万円・・・⑦+2万円:0.04ロット

986,000:2万円・・・⑧+2万円:0.04ロット

984,000:2万円・・・⑨+4万円:0.06ロット

982,000:2万円・・・⑩+8万円:0.10ロット

980,000:損切り実施(2%)

このような形でナンピンしていくと良いですね。

ここまでいくと、98万円で損切りを実施する時点での平均取得単価(※)が985千円くらいまで下がっています。

この段階で、損切りする前にうまく相場がリバウンドしたら、高い確率で利益を確保することが可能となります。

※平均取得単価とは、上記であればロング目線で40万円分のビットコインを購入した際の、平均額となります。

分かりやすく言うと、同じお菓子を100円で1こ買うと、100円ですよね。

別の場所で同じお菓子を50円で1個買うと、そのお菓子は2個になります。

1個あたりの平均は(100+50)÷2なので、75円となります。

これが超簡単に言う、平均取得単価です。

まとめ

では、今回の記事をまとめてみましょう。

まとめ

・「ロット(Lot)」とはFXや仮想通貨における「数量の単位」を示した言葉です。

ロットの使い方としては、1ロット、2ロット、5ロット、10ロットといった風にカウントするのが一般的です。

仮想通貨やFXであれば、1ロットをさらに細かく分割した、0.1ロット、0.25ロット、0.5ロット、0.75ロットといった形で表現することも多いです。

 

・ロットの計算方法としては以下のような形で計算することが出来ます。

1ロット=1ビットコイン(BTC)= 100万円

5ロット=5ビットコイン(BTC)= 100万円 x5 = 500万円

0.5ロット=0.5ビットコイン(BTC)= 100万円 x0.5 = 50万円

 

・レバレッジを用いたロットとナンピンコントロール

①損切りをするラインを明確にしておく(資金に対して2%以上の変動があった場合は即時、損切りを行なう)

②エントリー価格から損切する金額までの差額を明確にしておく

③レバレッジを設定しておく(日本を想定してレバレッジは4倍とします)

④手持ち資金とレバレッジを掛けた総資金を割り出し、その総資金の半分を10分割します(ロットの分割ですね)

⑤その分割した資金を「エントリー価格から損切する金額までの間にバランスよく配分」していきます。

⑥残っている総資金の半分については、残しておくか、キリの良い金額時(1万とか5千とか)に適宜、追加していきます。また、後半の追加になればなるほど、金額を手厚くしていきます。

 

上記の内容を理解して、うまくロットとナンピンを使っていけば、比較的に利益は出やすいです。

ですが、そもそもの損切の金額設定やエントリータイミングを間違えては、稼げるものも稼げません。

この辺りもしっかりと勉強していきましょうね。

では、今回はこれくらいで。

また。

ツツジ

 全記事一覧

 管理人プロフィール

 

【登録無料】ツツジ公式『メール講座』のご案内

ネットビジネスの経験が全くの「でも、1年以内に経済的自由を手に入れることのできる“成功者のノウハウ”とその”全貌”を期間限定で公開中。

また、このメルマガを登録してくださった方限定で、特別なご案内や知っておくと便利な情報を詰め込んだ特典のプレゼント、そして特別企画への参加募集なども検討しています。

登録は無料ですが、情報の質の高さは有料レベルだと自負しておりますので、ぜひ、ご登録してみてくださいね。

↓↓ 詳しくは画像をクリック♪ ↓↓