ツツジツツジ

ツツジです。
今回の記事で学べる内容はこちらとなります。

・“経済的自由”になるためには具体的に一体いくらのお金が必要になるのか分かります。

・“経済的自由”をどのようにして求め、実現していくのかを知ることが出来ますか。

・『選択と集中』の重要性について理解することが出来ます。

では、どうぞ。

経済的に自由になりたいと望む方は後を絶ちません。

終身雇用も終焉を迎え、年金もアテにならない今、その勢いは留まるどころか、増しているくらいです。

そりゃそうですよね。

70歳になってまで、

「会社で働き続けたい!」

・・・・なんて思う方、まずいませんからね。

しかも、今後は「定年」という枠組みすらも恐らくなくなり、死ぬまで

「生きる為、生活する為だけに働く」

という奴隷のような未来が待っているのです。

 

そんな未来を何としても回避したい。

そして、

どうにかして「経済的自由」を手に入れたい。

 

今回はそんな方のために、

『“経済的自由”になるためには具体的に一体いくらのお金が必要になるのか?』

そして、

『その“経済的自由”をどのようにして実現していくか』

についてお話ししていきたいと思います。

では、いってみましょう。

 

「経済的自由」になるには、いくらのお金が必要か?

まず、経済的自由」とは何か?

そこから決めなければ、先に進めません。

基本的な考えとしては、

「何もしなくてもお金が入ってくる状況(不労所得・不労収入)を作り出し、その入ってくるお金が日々使うお金を上回っていれば、経済的自由を得られている」

と考えるのが妥当です。

簡単な数式にするとこんな感じですね。

経済的自由 = 年間の不労所得 > 年間の支出額

モチロン、この「年間の支出額」というものは、人それぞれ異なります。

そのため、

「この金額を稼げればもう経済的自由だ!」

という事はないのです。

そもそも「経済的自由」というのは主観的なものですからね。

50万円で「経済的自由」を感じる方もいれば、月100万円でも「経済的自由」を感じない人もいます。

といっても、目安や目標はあった方がいいと思うので、具体的な金額について触れていきましょう。

一般的な家計の支出は、総務省が発表した情報を確認する限り、月平均額246,399円です。

赤く囲った部分ですね。

引用:総務省統計局「家計調査報告」

このことから、年間支出は2,956,788円となります。

分かりにくいので年間300万の支出があると想定すると、

経済的自由 = 年間の不労所得 > 年間の支出金額(300万円)

という式が成り立ちます。

但し、これは最低限の支出です。

というのも、所得税・住民税といった、経済的自由を手に入れても「払わなければならない税金」があるので、

「年間の不労所得が300万円以上あれば、経済的自由だ!」

とは単純には言えないのです。

ですが、一つの目安として、年間の不労所得が300万円以上になるように努力するのは十分に「有り」だと思います。

それに、実際にそれくらいの不労所得があるという事は非常に心強いものですので。

その意味でも、このブログのテーマである「月に30万円以上を継続的に稼ぐ」という主張は間違っていない訳ですね。

ということで、ギリギリ「経済的自由」が実現できる不労所得としては年間300万円以上。

そこをまずは最低ラインとして狙いを定めていきましょう。

 

なお、「本当に何もしないで生活できる不労所得」というと、

金融資産3億円以上、安定した外国債からの利息で年利3%の運用が出来れば十分な優雅な暮らしが可能です。

毎月70万円弱の“本当の意味での”不労所得がある訳ですからね。

このレベルまで行くためには、単純な稼ぎ方では不可能ですけどね・・・・。

 

「経済的自由」の実現方法

次に、「経済的自由」の実現方法について考えてみましょう。

正直言うと、簡単ではありませんが、決して不可能ではありません。

インターネットをいう文明の利器と時間を味方につけることで、人生をひっくり返ることが可能、というわけです。

その前に、前提事項として知っておいていただきたいことがあります。

それが、「選択」と「集中」です。

 

『選択と集中』

『選択と集中』とは、経営の神様として有名なオーストリアの経営学者ピーター・ファーディナンド・ドラッカー氏が生み出した考え方です。

具体的には、以下の言葉でその『選択と集中』という考え方を表現しています。

「成果をあげる人は、多くのことをなさなければならないこと、

しかも成果をあげなければならないことを知っている。

したがって自らの時間とエネルギー、そして組織の時間とエネルギーを、

一つのことに集中する。もっとも重要なことを最初に行うべく、集中する。」

より噛み砕いて個人向けに言うと、個人で持つ資源である、「あなた自身の時間」と「資金」、「情報」、「人脈」といったものをフル活用して、1つのことに集中して取り組むこと、です

目移りして他のことをしてしまうと、その分だけ、あなたの貴重な資源である「時間」を失ってしまうこととなります。

中途半端では成功することなど出来ない、ということです。

これを理解した上で、「経済的自由」の実現方法を考えていきましょう。

 

選択肢①:ITの分野にあなたの時間を全て費やし、突き抜けること

こちらはこのブログでお伝えしている、ネットビジネスに全力を尽くすと言うことです。

全力を尽くすべきITの分野


・ブログ

・アフィリエイト

・YouTube

・プログラミング

・AI

・AR/VR

・ゲーム

このいずれかのIT分野に関して、「たった1つ」で良いので“普通以上”になりましょう。

このファーストステップが意味する所は、「実績作り」です。

今の時代は昔のように詐欺が通じる時代ではありません。

「信用」と「実績」が何よりも強力な個人のステータスとなります。

特に「口コミ」はその傾向が顕著ですよね。

三ツ星レストランなど、他の店を圧倒するような「信用」や「実績」がある場合が多いのです。

だからこそ、まずは何より「実績作り」に力を注ぐべきなのです。

 

YouTubeで300本動画を上げたとか。

アプリゲームでトップギルドのメンバーで上位50位以内だったとか。

プログラミングで月100万稼いだとか。

 

他の方が見て、客観的に「凄い!」と思われるような『実績』がベストです。

 

これを突き抜けられたら、収益化は難しくありません。

ブログと同じように突き抜けることで、そこには必ずあなたのファンが生まれているのです。

そのファンが集まるコミュニティを大事に育てていけば、あなたの「ブランディング(個性)」も形成され、容易に収益化も可能となるのです。

 

ですが、残念な事に大多数・・・95%以上の方はこの『実績』を作れずに、諦めてしまいます。

この実績づくりは本当に大変です。

私自身も何度も悩み、お金を使い、苦しみ抜いた結果、今の自分がいます。

ですが、その苦しんだ分を遥かに上回る恩恵を受けているのも事実です。

こればっかりは「チャレンジし続けて作りあげる」しかありません。

「誰にでも出来るけど、誰もが達成できる訳ではない」のです。

 

選択肢②:投資・資産運用の分野にあなたの時間とお金を全て費やし、突き抜けること

コチラの選択肢は、「元からそこそこの資金がある前提」でのお話です。

私としては、まず最初に「選択肢①」をある程度、軌道に乗せてから、この「選択肢②」にチャレンジする事を推奨しています。

というのも、投資・資産運用の分野は十分な理解がないと、せっかく積み上げてきた資産が減ってしまうからです。

なので、この分野に取り組む際は十分な時間を取って、理解をしながら進めていきましょう。

 

さて、「経済的自由」の実現方法として、投資・資産運用の分野を紹介しているのは、投資・資産運用の特徴である「レバレッジ(テコの原理)」を利用出来るからです。

今までのブログやYouTubeなどは1クリック何円、1つの商品が売れて何円という形で、積み上げていく「足し算」でしたが、投資・資産運用の「レバレッジ(テコの原理)」は「掛け算」をして利益を得ていくのです。

10万円という資金であれば、レバレッジを20倍にして200万円の売り買いが出来、その利益も得られる、というわけです。

ただしその分だけリスクも大きく、損害も数倍になって返ってきます。

だからこそ、しっかりとした投資・資産運用の理解が必要なのです。

追々、私のブログで私が推奨する手法をお伝えしていきますので、この選択肢②を頑張りたいという方は参考にしていただければ幸いです。

「選択肢①」で、「経済的自由」になるためのベースを作り上げ、「選択肢②」で「“本当の意味”での経済的自由」を狙うという二段構えですね。

現状、この流れが最も堅実に、かつ実現性が高い「経済的自由への道」であると、私は確信しています。

 

まとめ

今回の記事をまとめてみましょう。

今回の記事まとめ!
  1. 一般的な家計の支出は、総務省が発表した情報を確認する限り、月平均額246,399円です
  2. ギリギリ「経済的自由」が実現できる不労所得としては年間300万円以上
  3. 「本当に何もしないで生活できる不労所得」は、金融資産3億円以上、安定した外国債からの利息で年利3%の運用が出来れば十分な優雅な暮らしが可能です
  4. 『選択と集中』とは個人で持つ資源である「あなた自身の時間」と「資金」、「情報」、「人脈」といったものをフル活用して、1つのことに集中して取り組むことです
  5. 選択肢①:ITの分野にあなたの時間を全て費やし、突き抜けること
  6. 選択肢②:投資・資産運用の分野にあなたの時間とお金を全て費やし、突き抜けること
  7. 「選択肢①」で、「経済的自由」になるためのベースを作り上げ、「選択肢②」で「“本当の意味”での経済的自由」を狙うという二段構えです。現状、この流れが最も堅実に、かつ実現性が高い「経済的自由への道」です。
道のりは長いですが頑張る価値はあります!

ついでに、上記の「選択肢①」と「選択肢②」、どれ位掛かるのかというと、

「選択肢①」で最低2年以上。

「選択肢②」で最低3年以上。

そう私は認識しています。

これだけ見ると、長いと感じる方もいるかも知れません。

ですが、逆に考えて、最短5年で「“本当の意味”での経済的自由」を作り出せるのであれば・・・・。

それは長いのでしょうか?

あなたは、今、何歳ですか?

始めるのに遅い事はありません。

プライドや偏見は飲み込んで、思い切って飛び込んでみましょう。

「新しいこと」や「チャレンジ」は、サラリーマンでは決して得られない『生きるチカラ』を与えてくれますよ。

ツツジツツジ

今回も最後までお読み頂き、ありがとうございました。
不明点や気になったことは何でもお問い合わせくださいね。
では、また次回、お会いいたしましょう。

ツツジ

全記事一覧

管理人プロフィール

 

【登録無料】ツツジ公式『メール講座』のご案内

ネットビジネスの経験が全くの「でも、

1年以内に経済的自由を手に入れることのできる

“成功者のノウハウ”とその”全貌”を期間限定で公開中。

また、このメルマガを登録してくださった方限定で、

特別なご案内や知っておくと便利な情報を詰め込んだ特典のプレゼント、

そして特別企画への参加募集なども検討しています。

登録は無料ですが、情報の質の高さは有料レベルだと自負しておりますので、

ぜひ、ご登録してみてくださいね。

↓↓ 詳しくは画像をクリック♪ ↓↓